<< 八ヶ岳南麓の朝 早起きするとイ... 北杜市の「市民と語る集い」につ... >>

「木 下 晋 鉛 筆 画 展」

c0041095_16454025.jpg


八ヶ岳南麓には、生活圏に小さな美術館やギャラリーが散在しているのが魅力です。
なかでもフィリア美術館は家からほど近くにあり、親しみを抱いています。館内の窓から眺める広々とした牧草地がいかにも小淵沢らしい風景で、いつも見とれてしまいます。

「木 下 晋 鉛 筆 画 展」のご案内です。
絵本「ハルばあちゃんの手」(福音館書店.山中恒:文)原画を中心に 本画「最後の瞽女・小林ハル」シリーズ他の展示。 9Hから9Bの鉛筆で描く白黒の作品です。

会期 9月16日(土)〜10月22日(日)
会場 フィリア美術館
入館料 一般500円     詳細は、こちらのサイト をご覧ください。
___________________________________________

フィリア美術館には、ケーテ・コルヴィッツの常設展示があります。
遠方ですが、新潟県立近代美術館では、10月23日(日)まで彼女の 回顧展 が開催中。このサイトを見ていると、年の初めに ケーテ・コルヴィッツの言葉 をじっと見つめたことを思い出します。来年のカレンダーが目につくこの頃ですが、平和にとってどのような新年となるのでしょうか。
[PR]
by mukai-message | 2006-10-12 17:09 | ☆ここは圏外・ひとやすみ
<< 八ヶ岳南麓の朝 早起きするとイ... 北杜市の「市民と語る集い」につ... >>