<< 第10回長坂地域委員会 資料 2. 講演会 「北杜のかやぶき民家」 >>

第10回長坂地域委員会 資料



18日の 委員会 には出席できませんでしたが、須玉への途中に総合支所に寄って書類をゲットしました。ずっしり重いその中身は、以下の通りです。

(1) 第10回長坂地域委員会資料
1. 名水と国蝶オオムラサキの里まつり決算報告書 2. 1.のまつり出労者延人数 3. 平成18年度長坂地域委員会辞意業実施状況一覧表 4. 全地域委員会の事業一覧表 5. 北杜市地域委員会平成18年度予算使途案一覧表 6. まちおこし勉強会開催について 7. 避難場所ポール(議事表示板の設置状況写真) 8. 高齢者いきいき体力測定に参加しよう! 9. 安全パトロール

(2) NEDO技術開発機構「大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究」受託事業

(3) 第1次北杜市総合計画 基本構想(案)34頁 平成18年10月(北杜市企画部企画課)

(4) 第1次北杜市総合計画 基本計画(案)125頁 平成18年10月(北杜市企画部企画課)

(5) 北杜市地域委員会委員応募書                     以上。
___________________________________________________________

*~* (1)の 1. 名水と国蝶オオムラサキの里まつり決算報告書については、既述記事 に載せました。2. の出労者延人数は、上の図版をクリックし、拡大してご覧ください。
今回どのような協議が行われたのかはまだ分かりませんが、この統計を見る限り「長坂スタイルの手づくりの祭」の将来は明るくなさそうです (>_<)
祭当日働いた250人のうち50%近くが市役所職員。支所だけでは足らず本庁や他の支所からも来てもらっています。他方実行委員(全地域委員含む)はわずか16%を占めるのみ。祭の翌日の片付けを見ても、市役所職員が全体数の40%近くで実行委員は15%ほど。結局、実行委員とは名のみで、祭の主な担い手は行政なのです。
やがて時の流れとともにお役人の旧町意識は薄れていき、各支所の職員数も減る。その時「オオムラサキの里びと」はどうするのか? 味気ない数字を見つめながら、首を傾げています。
[PR]
by mukai-message | 2006-10-21 15:33 |  ●地域委員会等 2005-06
<< 第10回長坂地域委員会 資料 2. 講演会 「北杜のかやぶき民家」 >>