<< JRポスター 週末は山梨にいま... 11月8日 いいやつ 八ヶ... >>

風景街道 ウッドチップの道はお好き?

(写真はクリックすると拡大します)
  

ヨーロッパの都市には古い石畳の道が多いですが、長いこと歩き回ると大変疲れます。街中で杖をつく足の悪いお年寄りを見かけることも多い。肥満のせいもあるようですが、石の道は足に負担がかかるのが原因とも言われています。

八ヶ岳南麓風景街道の モデルルート 自体は自動車道ですが、「棒道」をはじめとしてあちこちで森の小径とつながっているのが魅力の一つ。この会に集まった団体は、活動メニューに「ウォーク」を謳っているところが多いせいで、歩く道にかけては皆うるさい。でも共通しているのは、このように木洩れ日の土の道の愛好者ということです。
ここの道にはウッドチップが敷いてあり、ソフトであったか〜い足裏感覚が味わえました。最近では、駐車場にも多く用いられているウッドチップ。森林県山梨の間伐材を大いに活用してほしいものです。

「八ヶ岳南麓を広葉樹の森にしていきたい。そのためには、(昔植林された)カラマツを有効利用しなければ。みなさん、お家の薪ストーブには、なるべく広葉樹でなくカラマツを使ってくださいね」とは、八ヶ岳自然クラブの代表斉藤さんからのメッセージです。
[PR]
by mukai-message | 2006-11-09 13:37 | ▷ほくと景観まちづくり
<< JRポスター 週末は山梨にいま... 11月8日 いいやつ 八ヶ... >>