<< JRポスター 週末は山梨にいま... 風景街道 ウッドチップの道はお好き? >>

JRポスター 週末は山梨にいます。 〜 日本にはちょっとない 〜

 (写真はクリックすると拡大します)

金田一弘雄さんが、北杜市地域委員会市政報告会 での講演において最後に言及されたのがこれです。JRの5枚シリーズ・ポスター。9月頃から市役所の入口にも貼られています。トンネルの向こうに見える山梨が文学的な香り漂う懐かしい感じの色調で表されており、初めて見かけた時は、近寄って一枚ずつゆっくり読んでしまいました。金田一さんがおっしゃる「山梨の生活スタイル」のイメージづくりとしてぴったり! やはり観光やまなしの 大型キャンペーン 用だそうです。

週末は山梨にいます。ーーこれ、いいですね。あざといキャッチでないし、自然と読み手の気持に入ってくる言葉。

   「私は山梨県に惚れ込み、二十年前に
   北巨摩郡長坂町小荒間というところに
   土地を求めて山小屋を建て、夏はそこで暮らしている」
と始まり、

  「このような美しい山々に恵まれた里は
   日本にはちょっとない」
と結ばれています。
               (金田一春彦著「ケヤキ横町の住人」より)

 「金田一さんは八ヶ岳南麓に住んでおられたのに、富士山の写真とはこれいかに」なんてウルサイこと言わず、なにせ「富士の国やまなし」ですからね、頑張ってぇ〜。

このエッセーはすでに絶版になっており、市内の図書館では最近貸出し中のことが多いそうです。そう聞くとなんだか読みたくなる。じゃ、リクエストしとこっと。
[PR]
by mukai-message | 2006-11-10 05:51 | ▷ほくと景観まちづくり | Comments(4)
Commented by 山梨春夏秋冬人 at 2006-11-11 19:09 x
春夏秋冬は山梨にいます。
私は年中山梨を見て暮らしています。が、金田一春彦先生が的確に山梨を表現している観光ポスターを拝見して、すごくいい所にすんでいるなぁ~とあらためて自慢してみたくなりました。みんな山梨においでよ。
Commented by きんぽうげ at 2006-11-11 20:34 x
春夏秋冬とはいきませんが、わたしもたいてい「週末は山梨に」います。空気・水・自然ーーいい処です。でも金田一先生がいらした二十年以上前には、この世の楽園だったことでしょうね・・。
Commented by mukai-message at 2006-11-12 15:54
山梨春夏秋冬人さん 山梨に住んでいる人にとっては「あらためて見直す」という新鮮な気持にさせてくれ、県外の人には「行ってみようかな」という気持にさせてくれるポスターですよね。
問題は、ポスターのほうがよかったじゃん・・・とならないことでしょうか。
Commented by mukai-message at 2006-11-12 16:04
そうでしたね、きんぽうげさんにとっては山梨の週末がたのしみなのですね。私は学生時代よく富士五湖を訪れましたが、八ヶ岳は1980年代後半に初めて来て、風景が気に入りました。そういう新住民はたくさんいます。それ以来、ずいぶん「にぎやか」になってしまいました。自然にとってはそれがよいのか、悪いのか、首を傾げることも多いです。
<< JRポスター 週末は山梨にいま... 風景街道 ウッドチップの道はお好き? >>