<< 平和を願うドキュメンタリー映画... JRポスター 週末は山梨にいま... >>

地域で考える 教育基本法は風前のともしび?

(写真はクリックすると拡大します)

子どもたちを守り育てる法律を、大人たちが時世や自分の都合で変えてしまうのはよくない。憲法を軽々しく扱ってきた成れの果てなのか。教育は、政治にとって立入り禁止ゾーンのはずなのに。
愛や美を語る言説に惑わされてはいけない。愛だって、性だって、何だって、子どもじゃない、大人だよ諸悪の根源は! マスメディアがふらついている今こそ、普通の大人がしっかり考えなければ。

山梨でも、11月11日(土)に山梨集会実行委員会(多くの市民グループ)の主催で、「〜 子どもと教育の未来があぶない 〜 11.11教育基本法改悪反対山梨集会」が開かれました。東京では、今会期での強行採決が予想される国会議事堂周辺に、平和的に「人間の鎖」をつないだり、座り込みをする人々が全国から集まっています。甲府、富士吉田、北杜からも大勢の市民が出かけているとも聞いています。
出かけられなくとも、カンパを送る方法もある、地域で小さな声を上げる方法もある。
自分が個人として信じられるもののために、自分なりに行動したい。

参考サイト 教育基本法  教育基本法改悪反対・「多彩な意見広告」の会
[PR]
by mukai-message | 2006-11-14 11:37 | ○市民・地方自治・・・
<< 平和を願うドキュメンタリー映画... JRポスター 週末は山梨にいま... >>