<< 全国男女共同参画宣言都市サミッ... 身近な食品を考える 「トゥルー... >>

全国男女共同参画宣言都市サミット in じょうえつ レポート 1/5

(画像はクリックすると拡大します)
  

写真左 スキー発祥の上越市へようこそ 90年前に生まれた伝承料理スキー汁をどうぞ! 
地元のとれたての野菜がスキーにちなんでカットされている。美味しかった!


時間は北風にのってビューンと飛び去ってゆき、ふと気がつけば、一週間遅れのレポートになってしまいました (-_-;)
11月10日(金)午前7時、北杜市役所前からマイクロバスで新潟県上越市に向ったのは、北杜市(地域委員会ではなく)男女共同参画推進委員会の一行9名です。標記サミット出席が目的というからには、この委員会が内心密かに抱く "野心" が透けて見えるというもの……。

上越市訪問記 スケッチ風プロローグ
海といえば湘南とか伊豆七島を思い浮かべてしまう東京育ちの私には、「日本海は遠い荒海」というイメージなのですが、山梨育ちの人にはそんなことありません。「子どもが小さい頃からよく海水浴に来ていた。ここの日本海はきれいだし」という方もいて、地理感覚の違いが興味深かった。さらに、長距離ドライブとは最近とんとご無沙汰の私にとって、非常に関心を持ってしまったのが高速道路事情です。
長野道、上越道と接続がよいため予想したより遥かにスピーディーな道中で驚きましたが、接続のよさではなく中央道以外の利用状況が気になってしまった。そこでネット検索をかけてみるとーーこちらのサイト(ちょっと古いデータだが、分かりやすい)を見つけて、やっぱり! 黒字は中央道だけで、両者ともに赤字路線です。

行ってみ、帰ってみると、「太平洋と日本海はとっくにつながってるじゃん!」とか「見たか? 見たい! って、今さらどこの誰が何のために言ってるの?」という素朴な疑問が湧いてしまう。なんだか県知事選挙でも公共工事(特に中部横断自動車道)が争点になっているようですが、「早期実現」どころか「実現」そのものの必要性・不必要性をもっとハイライトしてほしいなぁ。
「中部横断道には第三、第四の選択肢はないの?」などと上越市目指してひた走るバスの中で、疑問符をスルメのように噛みしめていた次第です。

〜 次回は本題サミットについてのレポートです 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-11-17 17:23 | ▷男女共同参画 2005-06
<< 全国男女共同参画宣言都市サミッ... 身近な食品を考える 「トゥルー... >>