<< 11月の終わり 八ヶ岳の空はあ... 「北杜健康づくりワークショップ... >>

八ヶ岳・富士見と明野 二つのゴミ問題

(画像はクリックすると拡大します)

まず長野県側の問題。こちらのサイト 八ヶ岳周辺のゴミ問題を考えよう には、11月18日に開催された梶山正三さん(ゴミ弁連会長、弁護士、理学博士)の講演会「灰溶融炉施設整備計画の何が問題なのか」のレジュメが掲載されています。大好評だった講演内容を聞き逃した方は、ご一読を。

次に山梨県北杜市明野町の問題。11月3日発行の「対策恊だより 第47号」によると、10月25日、1466名の大原告団によって「廃棄物最終処分場建設着工禁止仮処分命令申立書」が甲府地裁に提出されたとのこと。10月16日には建設予定地浅尾地区が処分場反対の声明文を出したとも載っています。
11月13日の八ヶ岳ジャーナルの記事にも「工事着工容認に市へ抗議・明野処分場問題」が載っていました。

*~* 八ヶ岳周辺に住む私たちにとって、この二つの問題は消え去ることはありません。環境は、みんなのものだから。水源地や川の上流で起こっていることを、下流域の方々にもよく知ってほしいです。でも、このか細い声は届かない……(T_T)
[PR]
by mukai-message | 2006-11-29 15:55 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(6)
Commented by tosi at 2006-11-30 10:49 x
ごみ問題って根が深くて・・・100%の解決法って無いんですよね。
ところで知ってます?山梨県の産廃の多くが長野県に持ち出されているって?私も実際に見ましたよ。「○崎市」って書かれたドラム缶いっぱいの産廃を積んだ長野ナンバーの産廃業者のトラックが野辺山越えて佐久まで行くのを・・・山梨で出たゴミを長野の押し付ける・・・それで良いのですかね。
Commented by mukai-message at 2006-11-30 14:16
tosiさん 以前、竜岡の焼却施設と小諸の民間最終処分場を見学に行ったことがあります。あれから10年近い歳月が流れましたが、山梨の産廃問題はこじれるばかりです。
でも、「だから明野へ」と直結すべきとは思いません。当時と比べ、多くの情報が手に入るようになりましたが、土壌・大気・地下水・川への安全性が担保されていないのに「明野の高い場所、水源地」を選んでつくる理由は闇の中のように見えます。また、水質汚染による影響は明野を超えて及ぶのは当然なのに、明野以外のほとんどの人々が「我関せず」なのも変。
たしかに今すぐ産廃問題で「100%の解決法」を見つけるのは困難でしょう。でもドイツやカナダなどではとうに、「ゴミ削減」への徹底的な取組みをしているといいます。「処分場さえつくればいい」「じゃあ、つくろう」という悪循環をいつ、どのようにしたら断ち切れるのでしょうね。ため息……。
Commented by tosi at 2006-11-30 15:23 x
処理場建設推進派ではないんですよ(笑)そもそもなぜ明野?って疑問はあるんです。それとあまり知られていない事実(県は否定してますが)として、「フラワーセンター」は処理場建設の保障の一部って話ですし・・・
 でも、トラック満載の地元で出た産廃を他県に押し付けるってのも嫌だし・・・長野にしてみれば、「山梨の産廃を長野で処理しているのに、灰溶融路までも反対できるのか!」と言われそうで・・・県が灰溶融路に対して強く出られない一因はそこにもあると思うんです(個人的見解)
 まずは、住民がゴミを減らす努力をしなければ・・・
 正直仕事柄産廃を出す方なんですけどね・・・
Commented by mukai-message at 2006-11-30 17:42
tosiさんが「じゃあ、つくろう」派でなくってよかった(笑)。
フラワーセンター、誰がいくらもらった、誰ももらった・・・メイワク施設建設にはそういう話がまつわりついていますね。どこまでが本当だかわかりませんけれど。
 私も、買い物する度に「あ〜、またゴミになる」と思うクセがついて、人生たのしくないなぁ。
Commented by BCC at 2006-11-30 20:48 x
小耳にはさんだのですが、10年以上前の明野では、地区の総会では戸主の意見で全てが決定されていたと。若い人も女性もカウントされていなかったと。この処分場の件もそうだったのですね。
しがらみに縛られ、互いの顔を立て合うことで成り立っている男による男のための地域社会。まさか、今は違いますよね!
Commented by mukai-message at 2006-12-02 14:01
BCCさん 10年前だと明野だけでなく、北巨摩のどの町村でも同じ状態だったと思います。今では、明野には女性区長がいますよ。北杜市でたった一人です! 男女が対等な立場で協力し合えないと、世の中からなくならない問題はたくさんあるのではないでしょうか。行政もがんばっていますが、一般市民もそれをもっと知ってほしいと願っています。
<< 11月の終わり 八ヶ岳の空はあ... 「北杜健康づくりワークショップ... >>