<< 地域委員会について触れた刊行物... お祭り考 あなたは? >>

2.22 「市町村財政」勉強会に出席

c0041095_173011100.jpg「あなたのまちの財政は? "決算カード"を使って調べてみよう!」
というフレーズに惹かれて、暗い夜道を抜けて小淵沢生涯学習センターまで出かけました。主催は "市民と行政の学びあいのテーブル " ピンポン台、講師は井上幸信さん(山梨自治体問題懇談会会員・大泉村革新懇世話人)。小淵沢の方の参加が目立ちました。



身近な旧町村の例を取り上げて、図表がたくさん載ったお手製資料を用いながら、数字に弱い参加者向けにもしっかりお話をして頂きました。専門用語ばかりで難しそうな自治体財政ですが、「◎数字をまず並べてみる、グラフにしてみる ◎全部判ろうとしない」のが判る秘訣だそうです。

*~* あ〜納得!だったのは、「財政状態が良い」とされる自治体(例 旧大泉村)の税収をよく見ると、1995年以来、他の項目に比べて固定資産税が以前よりぐ〜んと増えていること。別荘、新規転入者が村の財政に貢献したことが歴然!というわけ…。お隣の町ながら私もその一人。「良い」財政状態が続くためには、森林や緑地がどんどん減ってしまえばよいのかーー複雑な思いで数字をにらんでしまいました。 
[PR]
by mukai-message | 2005-02-23 17:32 | ▷市民・議会・地方自治
<< 地域委員会について触れた刊行物... お祭り考 あなたは? >>