カテゴリ:○北杜市 2005-06( 52 )

北杜市の「市民と語る集い」について語ろう 12  長坂町「市民対話」

(クリックすると拡大します)

地域委員にも案内が郵送されてきました。武川、白州、小淵沢、大泉に続く「市民対話」で、「力みなぎる北杜市の実現へ向けた活発なご意見、ご提案等をいただき、膝を交えて語り合っていただけますよう」との趣旨です。詳細は以下の通りです。意見・提案等は別添様式で1点まで、20日(金)必着とのこと。う〜む(*_*)。
さて、本ブログでは、20日(金)正午必着で「市長に伝えてほしいメッセージ」を募集します。どうぞコメントとしてお寄せください!
 
期日 10月31日(火)午後7時30分〜午後9時30分
場所 長坂総合支所2階大会議室

    問合せ先 長坂総合支所地域振興課 0551-42-1451
[PR]
by mukai-message | 2006-10-18 12:25 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(4)

第3回北杜市市議会定例会 市政報告会 および講演会が開催されます

(クリックすると拡大します)

市政報告会は、9月定例議会の内容を中心にした現在の市政についての報告です。講演会の内容は以下の通りです。どちらも自由に傍聴でき、入場無料です。詳細は市のサイト をご覧ください。

日時 平成18年10月27日(金)
    (1)市政報告会 開場 午後6時30分  開会 午後7時から
    (2)講演会   開会 午後8時     終了 午後9時
       講演テーマ 『未来志向の地域活性化』
       講師  日本銀行甲府支店 支店長   金田一弘雄氏
 
会場 高根ふれあい交流ホール

       問合せ先 総務部地域創造課 地域づくり・交流担当 0551-42-1323
[PR]
by mukai-message | 2006-10-16 16:47 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(0)

北杜市の「市民と語る集い」について語ろう 11  大泉町「市民対話」

(写真はクリックすると拡大します)

武川、白州、小淵沢に続く開催で、「これからの5年後、10年後を見据えた翌年総合計画の策定、行政改革アクションプランの実施などが急がれている中、それらと相まって今後の市政へのご意見をいただきたい」という趣旨で開催されます。

期日 10月17日(火)午後7時30分〜午後9時30分
場所 大泉総合支所2階大会議室

    問合せ先 大泉総合支所地域振興課 0551-42-1116


*~* 今あちこちで取り上げられているのが団塊世代。彼らがTVや現実に登場する度に、「なんて議論好きな連中だろう」とあらためて感じてしまう。
そう言えば、北杜市の白倉市長も大勢の仲間にもまれて育った団塊世代の一人 ーー 東京での学生生活の経験もあるので、本当は議論や対話が大好きなのでは? 来年度は、ぜひ気軽でフリーな対話集会を開いて、団塊スピリットを発揮していただきたいものです。
[PR]
by mukai-message | 2006-10-11 09:34 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(0)

北杜市 環境審議会委員 募集中!

c0041095_17343613.jpg北杜市のホームページにも掲載されている通り、標記委員を2名募集しています。「環境行政に関心がある方、環境問題に対し一助したいと望む方などの申し込みをお待ちしています」とのこと。

募集期間は9月15日から10月16日まで。応募方法や応募資格などの詳細は ホームページ をご覧ください。

*~*ワークショップや審議会委員に参加を希望する市民が多いことは、市政への関心の高さを示します。これは環境創造都市づくりに建設的に参画するチャンスです。あなたが日頃考えていることを生かしたくはありませんか?
[PR]
by mukai-message | 2006-09-19 17:51 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(0)

北杜市の「市民と語る集い」について語ろう 10  次回はいつ?

オオバコ・クリックで拡大)

今月は、第9回北杜市議会が(22日より)開催されるため、武川、白州、小渕沢に継ぐ4回目の「市民と語る集い」は11月に大泉町で開かれる予定だそうです。(担当 北杜市企画部情報政策課広聴広報担当 0551−42−1322)

*~* 来る11月1日は、市制施行二周年というリフレッシュの日。その月に開かれる「市民と語る集い」には大いに期待することとして、その間じっくり「市民との対話」や「自治会」などの課題について考えてみたいと思います。
[PR]
by mukai-message | 2006-09-08 13:30 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(0)

気になる new 時事用語 「実質公債費比率」

(写真はクリックすると拡大します)

これは8月30日付山梨日々新聞朝刊1面の記事です。北杜市民として安閑としていられない内容です。リンクが切れていますので、記事そのものを掲載します。
  ※最後の段落が読み取れませんので、以下に記します。「従来の指標である起債制限比率は、15%以上が警戒域とされ、05年度は山中湖 村が規定を超えた。県市町村課は「十室公債費比率が高い市町村については原因を分析し、規定の18%を下回るよう助言していく」としている。

実質公債費比率については、こちらの 羽村市商工業活性化推進室サイト にも解説があります。
[PR]
by mukai-message | 2006-09-06 15:15 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(0)

8月30日(水)から9月5日(火)は防災週間です 2.

(写真はクリックすると拡大します)

私たちの自治会 は区・班に属していないため、"自主防災組織" としての位置づけが不明瞭であり、過去に訓練を行ったことはありません。勤務先、学校、保育所の場合は、「自主的な訓練計画を立て責任者の指揮のもと訓練を実施する」となっています。また各家庭でも「家族防災会議」を開いて、「皆がどこで落ち合うか」などいざという時の対策を立てておく必要があります。

「実施要項」によると、自主防災組織は区長班長の下にいくつかの班(情報班、消火班、救出・救護班、避難誘導班、給食・給水班など)があり、それぞれの任務を行うとあります。下記に記した具体的な活動を参考に、自分たちが何をできるか考えておきたいものです。

訓練実施上の留意事項  
( 1) 避難は、避難場所・避難経路の確認・自主防災組織の組織的対応についての観点から、地域住民に可能な限り声かけを行い、地区全域で実施できるようにする。
( 2) (訓練内容により自主防災組織の活動を援助・指導するため、消防本部・消防団に協力を依頼して緊密な連絡を取れるよう訓練計画を策定する。
( 3) 訓練当日に災害が発生し、または災害が発生する恐れがある場合は、訓練を中止する。

自主防災組織による実施可能な訓練
( 1) 事前の役割分担及び行動手順の確認(各自の役割分担整備)
( 2) 防災用資機材の取り扱いの習熟(消火栓等扱い方)
( 3) 情報の収集/伝達訓練(緊急連絡網の整備)
( 4) 出火防止・初期消火訓練(実際に消火する ( 2) と連動)
( 5) 負傷者等の救出・救護訓練(実際に救出・救護する ( 2) と連動)
( 6) 避難・誘導訓練、避難所生活訓練(避難経路確認等)
( 7) 炊き出し/給水訓練(実際に炊き出しする ( 2) と連動)
( 8) 訓練会場における防災学習会(消防本部や消防団等に講師依頼)
( 9) 近隣者相互の呼び掛け訓練(別荘住民等とも連携協力)
(10) 災害弱者把握・保護等訓練(災害時要援護者対策)

*~* 今年の2月23日に開催された講演会「北杜市の地震危険と地域の防災 北杜市の地震危険と地域の防災(1) (2)  (3) 」の記事も参考にして下さい
[PR]
by mukai-message | 2006-08-30 07:07 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(2)

8月30日(水)から9月5日(火)は防災週間です

(写真はクリックすると拡大します)

以下は、自治会内で回覧された「平成18年度北杜市総合防災訓練実施要項」からの抜粋です。

訓練目的
東海地域に大規模な地震が発生する恐れがあり、内閣総理大臣から警戒宣言が発せられたのち大規模地震が発生したとの想定のもとに、地震発生前後の一連の手続きや応急対策を効果的に実施するため、市・防災関係機関・事業所・自主防災組織等が総合的・実践的な防災訓練を実施し、市民の防災意識の高揚を図るとともに、地域防災計画等の円滑な運営に資することを目的とする。

北杜市総合防災訓練
(1)日時 9月3日(日)午前8時から正午まで
(2)9月3日に実施できない自主防災組織・事業所については、防災週間[8月30日(水)から9月5日(火)]または別の日を決めて実施する。

訓練場所 
北杜市全域(自主防災組織・事業所・学校・保育園・社会福祉施設単位に計画した場所で実施。)

訓練実施機関 北杜市・自主防災組織・事業所等

訓練参加者 (1)市民  (2)地域防災計画に掲げる機関及び訓練可能な小中学校・高校・保育園・病院・事業所・社会福祉施設等。

訓練信号(地震防災信号)
警戒宣言(午前8時30分)受信後、市内一斉にサイレン及び半鐘による合図で訓練を開始する。 
                  〜 次 回 に つ づ き ま す 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-08-29 09:58 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(2)

小淵沢で「市長と語る集い」が開催されます

c0041095_16475132.jpg
これは、7月28日武川町8月8日白州町 に続く3回目の対話の集いです。

開催日  8月22日(火)
時間   午後7時30分〜
場所   生涯学習センターこぶちざわ(小渕沢小学校隣)(☎ 0551-42-1495)

*~* 一般への広報がされない点は以前通りですが、傍聴は可能。また最後の30分は傍聴者の発言もできるそうです。今年度初めて導入された対話シリーズ。開催する毎に充実度が増すことを期待したい。
[PR]
by mukai-message | 2006-08-20 16:54 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(0)

北杜市の「市民と語る集い」について語ろう 5.  団塊世代へのラブコールを考える

ヒオウギ・クリックして拡大)    

東京の中心、日本橋にある「グリーンカフェやまなし」ってご存知ですか。今年の6月13日にオープンした山梨県の田舎紹介・相談窓口のことで、詳細は 全国知事会サイト富士の国やまなし館サイト に載っている。

これは、今や全国的トレンドとなっている「2007年に退職年齢に達する団塊世代誘致事業」の一環でしょう。県としては、「東京や名古屋からのアクセスいいもんね。自然豊かな山岳風景が自慢だもんね」と勝算ありなのかもしれない。しかし、高度情報化社会となった今日、そうは易々と問屋がおろすまい。 例えば、こちらの日経BP総合ニュース解説サイト を見てみよう。タイトルは 「自治体による団塊世代争奪戦(1)移住促進事業が花盛り」そして「現実を正しく伝える努力も必要」とある。
この記事中良い取組み例として紹介されているのが北海道ニセコ町だ。ニセコ町 と言えば、10年ほど前に市民活動を始めた者にとっての希望の星。一財務課長が身を起こして町長となり、わかりやすい資料を各戸配布して自治体の財政情報を開示し、広く世論を喚起したことで知られる民主的な先進地なのだ。当時、ニセコから資料を取り寄せて町長にプレゼントした仲間もいたのだが、北巨摩の地では何ら反応が返ってこなかったという記憶がある。

どれほど「団塊世代、つまり金と暇のある新住民おいでおいで合戦」が全国の自治体で流行ろうとも、旧弊に満ちた自治体とニセコのような先進地との差10年以上は大きい! 当時と比べ、インターネット・ユーザーが激増した現在だ。我が愛する北杜市がこの全国競争に優位を占めることができるのかどうか? 悪いけど、とっても心配です (>_<)
「グリーンカフェやまなし」さん、移住後文句が団塊となって押し寄せないためにも、市町村での実態をよーく把握してくださいね。「現実を正しく伝える努力 プラス 勇気も必要」ですよ (^^)
            〜 この件、どんどん続きます。次は北杜市にフォーカス! 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-08-14 12:28 | ▷北杜市 2005-06 | Comments(7)