カテゴリ:○里山を守る・壊す( 158 )

初夏の森を行けば チゴユリ

c0041095_10111640.jpg
いつもうつむいている内気そうな花。風に揺れるその姿はいかにも優しい。
_______________________
チゴユリ(稚児百合) ユリ科チゴユリ属 Disporum smilacinum  
[PR]
by mukai-message | 2005-05-24 11:01 | ○里山を守る・壊す

初夏の森を行けば キンポウゲ

いかにもお日様大好きという感じの花。群がって咲いているとまぶしいほど。(ロンドンでも咲いていました。英語名は buttercup バターカップ)。
c0041095_7395717.jpg
_______________________
ウマノアシガタ(馬の脚形/別名キンポウゲ 金鳳花) 
キンポウゲ科キンポウゲ属 Ranunculus japonicus
[PR]
by mukai-message | 2005-05-21 07:38 | ○里山を守る・壊す

初夏の森を行けば ハルリンドウ

c0041095_747465.jpg

日だまりに小さな青い星がうずくまっている。ハルリンドウ。歩かなければ出会うことのない歓びの一つ。

_______________________
ハルリンドウ(春竜胆) リンドウ科リンドウ属 Gentiana thunbergii
[PR]
by mukai-message | 2005-05-06 07:56 | ○里山を守る・壊す

初夏の森を行けば ヒトリシズカ

c0041095_843131.jpg
森の中、樹下に見つかるヒトリシズカはその名にふさわしいひっそりとした佇まいだ。

______________________
ヒトリシズカ(一人静) Chloranthus japonicus センリョウ科センリョウ属
[PR]
by mukai-message | 2005-05-03 08:49 | ○里山を守る・壊す

春の森を行けば クサボケ

c0041095_10162523.jpg

さまざまな緑の濃淡が毎日少しずつ濃くなっていくこの季節、高原の森の中では、華やかなクサボケの花がここかしこに見られる。
______________________
クサボケ(草木瓜)Chaenomeles japonica バラ科 ボケ属
[PR]
by mukai-message | 2005-05-01 10:26 | ○里山を守る・壊す

元清流はぼやいている

c0041095_16513837.jpg
昨日の清流と比べるとかわいそうなほど荒んだ流れ。持ち主から見放され、誰からも顧みられない存在だということが一目でわかる。道路から近いため、ゴミ捨て族御用達の場所に成り下がってしまった。
[PR]
by mukai-message | 2005-04-27 09:25 | ○里山を守る・壊す

清流にワサビがいっぱい!

c0041095_1056342.jpg八ケ岳山麓に住むなら保安林に隣接する土地にすべきだったーーと判った時はすでに遅い。そういう元都会人が多いのでは?民有林はいつまでもそこにあるとは限らないから。
ここは、やはり保安林の傍。この周辺には水みちが多く、清らかな流れの際にはワサビがあちこちに生えている。「うらやましい〜っ」と思わずつぶやいたが、そこに住んでいる人の並々ならぬ土地への愛情とその自然環境を維持するための日頃の努力ぶりを知って大いに納得、だった。
__________________________
ワサビ(山葵) Wasabia japonica アブラナ科 ワサビ属
[PR]
by mukai-message | 2005-04-26 11:30 | ○里山を守る・壊す

野草が群生する土地を残したい

風もなくよい日和です。気温が低い日が続いているせいか、今年の桜はゆったり気分で咲き誇っていますね。日曜日くらいゴミのことは忘れて、美しい草花のお話をしましょう。
去年と比べると野草の開花が遅いようです。先日はアズマイチゲの撮影に出かけました。スプリング・エフェメラルと言われる花々が楽しめるのはまだ肌寒さが残る一時。気温が上がる頃になると、花だけでなく葉まであっさり消え失せてしまう。エフェメラルとは束の間という意味。このはかない花の追っかけをする度になんだか切なくなります。
c0041095_933826.jpg

More(つづきはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2005-04-24 09:30 | ○里山を守る・壊す