カテゴリ:○ほくと景観まちづくり( 88 )

☆八ヶ岳南麓風景街道に 国の戦略委員視察団がやって来ました!

c0041095_13181136.jpg

     
(クリックすると拡大します)

第一日目
10月25日(水)午後1時過ぎ、日本風景街道戦略委員と活動団体との意見交換会が三分一湧水館の三階展望ホールで開かれた。
家田委員から開口一番「まだ事業の詳細が決まっていないため、そのデザインをすべく重点的に廻っている。これは "視察" ではなく "見学" である。ぜひ率直な意見を!」との挨拶があった。その後夕方まで初日の行程を廻る。
「仲間内に通じる言語で表現し合ってきた案」が初めて外部の厳しい眼にさらされるような思いを味わう。さて、どうなる八ヶ岳南麓風景街道?

本日は、二日目の行程終了後二回目の意見交換会が開催される。
では、行ってまいりま〜す (^^)/
[PR]
by mukai-message | 2006-10-26 06:52 | ○ほくと景観まちづくり

☆八ヶ岳南麓風景街道に 国の戦略委員視察団がやって来ます!

(クリックすると拡大します)

最近よく見かけるようになった「景観」という言葉に比べると、「風景街道?  シーニック・バイウェイ・ジャパンって?」という具合にまだ知られていない "日本風景街道" ですが、そのコンセプトについては、 こちらのサイト をご覧ください。日本風景街道戦略会議については、こちらのサイト をどうぞ。

さて、本日と明日、上記サイトの戦略委員二名が視察のため八ヶ岳南麓にみえます。彼らと国交省、県、市の十数名のお役人そして我々地域民間団体との組み合わせで初めて巡る八ヶ岳風景街道。晴天に恵まれ、秋深まる八ヶ岳周辺の空気は美しく爽やかに一行を迎えてくれるでしょう。
実は、視察に備えての真面目な予行演習は11日に済んでおり(画像はその折に撮影したもの)、あとは暗くなる前にいかにてきぱきとモデルルートをご案内するかが課題です。

NEWS!! 「南麓風景街道丸」 船出を記念して本ブログに新カテゴリー "風景街道を行く" を加えました。航路はたやすくないかもしれませんが、パートナーシップを旗印に掲げ「前進!」です。

  *~* 政治家が「美しい国」などと言うと、魂胆ありやなしやと当惑してしまいますが(彼の国の、彼の有名なる「美の祭典」を思い起こしたりして!)、一般市民で自分が住む地域がばばっちいのを喜ぶ人はいないはずですから、この際政治家の言葉はきれいサッパリ忘れておきたい。
[PR]
by mukai-message | 2006-10-25 09:44 | ○ほくと景観まちづくり

北杜市議会傍聴 感想文 「傍聴システム・風景街道・地域づくり」

(クリックすると拡大します)

昨日久しぶりに議会傍聴に出かけました。午後から約束があったため、 代表質問 のあった午前だけだったのが残念! 傍聴席はほぼ満席で、市政に対する市民の関心が高まりつつあることを感じましたが、願わくばTVのスタジオ討論番組のように、傍聴者が手元のスイッチを押して「こっちにも言わせて!」風に双方向でできればいいのになぁぁと感じたのは私だけでしょうか。もちろん、CATVで生中継してケータイやファクスでコメント寄せてそれも反映できれば最高です。え、議会は市民によって選ばれた議員が発言する場だから、そんなのおかしい? そうか、そうか。でも、それならば、日頃から市民の代弁者である議員さんたちと気軽に意見交換できる機会ーー「議員さん、お願い!」というスタンスではなく、対等に ーー がほとんどないのは何故でしょう。
インターネットでは決してできないこと、それは顔と顔を合わせリアルタイムで話をすることにより焚き火のようなパワーが生まれること。市民同士が焚き火パワーを起こさないのはモッタイナイ!

閑話休題。昨日の午前に聴いた代表質問中、思わず「ちょっと待ったぁぁぁ!」と叫びたくなった件が1つありました。それは、「地域交通ネットワークの整備は」ーー「国交省の事業である日本風景街道に八ヶ岳南麓が選ばれた。それは "自然と美しく共生する ふれあいの道 感動の道 やさしい道" をつくっていくもので、北杜市もそれを支援するとある。(それについては)市内の交通ネットワークの整備の方も(5カ所ほど具体的ルートを挙げて)進めてほしい」といった内容でした。

「ちょっと待って!」の わ け
風景街道はまだ具体的に動き出していない新事業ですから、誤解が生じるのも仕方のないことですが、断じて「新規道路の建設」が目的ではありません。「道づくり」ではなく、過去の高度成長時代に切り捨てられてきたこころ和らぐ沿道景観づくり(景観破壊の元凶である醜い看板や電柱等々の「負の遺産」の精算を含む)を通して「地域づくり、まちづくり」をする事業です。だから、それに関わるのは地域 ーー 地域は人々で構成され、人々は男女で構成されることもお忘れなく ーー そこんとこ、よ〜く分かっていただきたいので、議員さん方、引用なさる際にはよろしくお願いいたします。

(クリックすると拡大します)

八ヶ岳南麓風景街道のコンセプト "自然と美しく共生する ふれあいの道 感動の道 やさしい道" は、本年3月、国交省への申請書作成のために声をかけ合ってパートナーシップを組んだ民間団体が、日頃の活動から培ったアイディアを出し合って創ったものです。アイディアとはソフト。このようなソフトをいかに市民から引き出せるのかが、「自治基本条例」制定を視野におく今後の市政運営の鍵となるのではないでしょうか。
ちなみに、八ヶ岳風景街道に対する国の戦略会議委員の視察は今月25日・26日に行われます。委員さんも当初の予定より2〜3人増える予定とかで、他の諸地域 と比べるとマイナーな八ヶ岳南麓が、なんとなく注目を集めているような ーー いい感じです。
 参考 ・パートナーシップ団体について(まとめ)既述記事
     ・パートナーシップ団体(個別)既述記事1/3  既述記事2/3 既述記事3/3

*~* 最後に道路と交通に関して私見をひとこと
上記の観点からも、午後からの一般質問中「デマンド交通システムの構築について」はぜひ聴きたかったのですが、叶いませんでした (T_T)
 参考サイト デマンド交通システム 〜高齢者に優しい街づくり支援 
        デマンド交通システム 〜石川県志雄町の例  
これからの人口減、そして高齢者が急激に増加する地域社会において進めるべきは、新規道路建設よりもむしろ交通システムの中身の整備だと思います。10年先、20年先を考慮すれば、建設に巨額の費用(つまり借金)を要する道路建設は、代替ルートが無く支障をきたしている箇所など必要最低限でよいはず。住民にとって役立つのは、「いかに生活しやすい地域をつくっていくか」であるはず。住民にとって役立つシステムは、観光客にとっても同様です。ーーそれにはやはり「中身」、ソフトの充実が肝要です。
地域づくりは人づくり ーー それが文字通り「人と自然が躍動する環境創造都市」への "道" を切り拓くのではないでしょうか。
[PR]
by mukai-message | 2006-10-04 10:31 | ○ほくと景観まちづくり

八ヶ岳南麓の秋に見つけた 愛 と 古民家群

(クリックで拡大)

出会うたび 目にするたびに 好きになる
そんな相手があるって なんてしあわせ……
そのことを話したくなる 知らせたくなる 歌いたくなる 
止められないこの気持 それって愛 そうでしょ? 

誰にも 何にも しばられず 押しつけられないもの 愛 
いつまでも子どもっぽいんだね 法律でがんじがらめにしようなんて!


  

地域の古民家群の写真展が地元の小さなギャラリーで公開されています。
風土にとけこんだ家は、街並は、繰り返し見ても尽きない魅力に溢れています。それらを心から大切にしている人たちって、じつに愛情ゆたかなのだと思ふ。

[写真展] 「切妻が美しい谷戸の古民家集落」
〜 地元の木と職人の技が創った美しさを、内部の建具も含めて紹介 〜

 日時:9月18日(月祝)〜24日(日) 午前10時〜午後5時 (最終日は午後3時終了)
 場所:谷桜酒造コミュニィティ・ホール(北杜市大泉町2037)
 入場無料  お問合せ:0551-38-1014(薄井さん)

詳細は 八ヶ岳南麓景観を考える会のサイト をご覧ください。 
[PR]
by mukai-message | 2006-09-23 08:57 | ○ほくと景観まちづくり

清里からの発信 朝日ヶ丘班景観委員会「ポケットパーク」

c0041095_14225223.jpg先日 「街なかから発信する上町地区 をご紹介しました。
今回は、清里にある朝日ヶ丘班景観委員会の登場です。この自治会については、5月初旬に記事中 「日本風景街道/シーニック・バイウェイ・ジャパン 八ヶ岳南麓の場合 6.」 でご紹介しています。
結成は1994年。「八ケ岳南麓風景街道の会」を構成する団体中では最も歴史が長く、「景観」を柱にすえたまちづくりの実績が高く評価されています。

八ケ岳南麓で清里といえば、入植者がまちづくりをしてきた町、 "新住民" が圧倒的に多い町として知られています。1980年代以降にリゾート地としての華やかなイメージができたのですが、戦前、戦後を通じての ポール・ラッシュ による開拓の頃は、貧しい高冷地でした。また清里は、小河内ダム建設によって故郷を離れた入植者たちの苦難の歴史の地としても知られています。
さて、開拓の里、清里で活躍する自治会朝日ヶ丘班景観委員会とはどのような組織でしょうか? 

朝日ヶ丘班景観委員会ホームページ にはこうあります。
私たち高根町の行政班・朝日ヶ丘の住民は、八ヶ岳の豊かな自然の景観の中で、住んでいる人も訪れる人々も『心地よい環境づくり』をテーマに、地域住民が主体となって取り組んでいる「景観美化・保全活動」事業のことです。
そして活動の中心を担うのが、牧場通り・フラワーラインをメインに幹線・枝線道路までの約5kmに及ぶ牧冊下での、草花を育てる景観植栽活動です。この活動は、年間を通して植栽から散水、下草刈り、清掃作業など、朝日ヶ丘班の住民が皆で協力し合い、定期的に行っています。

*~*写真は、街角のポケットパークに置かれたトレイルマップが入った木製のボックス。
[PR]
by mukai-message | 2006-08-28 15:01 | ○ほくと景観まちづくり

☆八ヶ岳南麓風景街道にテレビ取材来たる!

(写真左 広報担当者のインタビュー光景 | 写真右 雨の道 取材光景 クリックして拡大を)
    

その日、7月18日は朝から激しい雨でした。( *~* いやはや最近私が関わった催し物は、高原サイクリング といい、いろはの野菜畑 といい、雨に付きまとわれっぱなし。たまに晴れれば、屋内の市政報告会とは……(T_T)。)

さて、取材に訪れたのは テレビ神奈川 です。内閣広報番組「ニッポン早わかり」で、8月10日が「道の日」であることから8月は「道路ふれあい月間」なので、それにちなんだ番組つくりが目的。八ヶ岳南麓を選んだのは 文化を感じさせてくれる すでに活動している団体と聞いて 横浜からのアクセスのよさ からということです。

場所は、大泉町の鳥の小池付近。「レインボーラインからパーク&ウォークのウォークコースを皆で作ろう」という趣旨で道の調査をしている様子を取材していただき、「牧場通り〜清里・朝日ケ丘地区」、「赤い橋」、「高原大橋」など、風景街道の主要スポットをご案内しました。土砂降り、ずぶ濡れにもめげず一同頑張りましたが、この番組、山梨では放映されませんとのこと ーー 残念でした。 (注)放映日は7月29日(土)22時からの予定だそうです。
[PR]
by mukai-message | 2006-07-20 11:14 | ○ほくと景観まちづくり

☆速報! 八ヶ岳高原サイクリング 南麓風景街道を走る!

c0041095_11584482.jpg

小雨がしょぼつく日曜日となりましたが、八ヶ岳高原サイクリング 参加者80人は元気に清泉寮前を出発しました。さきほど南麓コース(40km)グループが小淵沢からレインボーラインを通って八ヶ岳高原大橋へと向かいました。先頭を切って現れたのは二人の女性。にっこり手を振ってくれたのが印象的でした。

c0041095_13441660.jpg

激しくなった雨の中を続いて現れたのが南西コース(約70km)グループ。でも、この通り、威勢がいいこと、いいこと。「がんばってぇ!」こちらも傘なしで応援です。

c0041095_13462190.jpg

でも、一瞬ヒヤリッのひとこまも……。下欄へどうぞ。

More(サイクリングロードを考える)
[PR]
by mukai-message | 2006-07-02 12:05 | ○ほくと景観まちづくり

〜 八ヶ岳南麓風景街道を走る 〜 2006 八ヶ岳高原サイクリング 迫る!

c0041095_12531861.jpg

        7月2日(日) 清里・清泉寮前集合 午前8時開会式

        詳細・最新情報は ホームページ に掲載されています!

2001年「やつねっとサイクリング&とれいん」から、2005年「第4回アザレアツーリング」まで、5年にわたって開催されたサイクリング。今年は「八ヶ岳高原サイクリング 〜 八ヶ岳南麓風景街道を走る 〜 として開催されます。
走行コースは、八ヶ岳南麓風景街道一周の40kmと、南麓から西麓を巡る70kmの二つ。どちらも雄大な山岳風景を堪能し、里山の文化や歴史に触れあうコースです。
____________________________________________
主 催 /八ヶ岳高原サイクリング実行委員会  実行委員長 柿沢弘治(元外務大臣)
協 賛 後 援 団 体 /北杜市観光協会 (財)キープ協会 八ヶ岳南麓風景街道の会
協 賛 宿 泊 施 設 /清泉寮・0551-48-2111(清里) P.チップトップ・0551-32-5319(甲斐小泉) P.ズーム・0551-36-4155(小渕沢) P.ペアハット・0551-32-5888(甲斐小泉) P.森のふぁみりぃ・0267-98-3308(野辺山)
[PR]
by mukai-message | 2006-06-16 13:07 | ○ほくと景観まちづくり

日本風景街道/シーニック・バイウェイ・ジャパン 八ヶ岳南麓の場合 11. 

(写真はクリックすると拡大します)

以下は、4月27日に東京霞ヶ関ビルで行われたプレゼンテーションに参加した33地域。スケールの大きいルートが目立ちます。中には観光協会や企業がバックにあって資金も潤沢な地域による、地元からの応援団を交えた派手なプレゼンもあったそうです。我らが八ヶ岳南麓はと言えば? ビンボーな「会」から1名と県と市の行政メンだけ。シンプルでつましいものでした (-_-;) 。

東 北
・江戸の旅日記から感じる道 ・みちのくおとぎばなし街道 ・出羽の古道「六十里越街道」
関 東
・時空から天空への道 日光街道 ・草津軽井沢高原の道 ・江戸・東京・みらい街道
・『東京・迎賓地区』 ・千曲川・花の里山風景街道 ・八ヶ岳南麓風景街道
北 陸
・佐渡國しま海道 ・日本風景街道・よりみち街道『中越』 ・北アルプス「塩の道」ルート  ・金沢城下 野町・弥生 誘い街道
中 部
・信州伊那アルプス街道 ・"木曽路" 中山道 ・環・富士山風景街道
・(仮称)なごみの伊豆 なごみの道 ・飛騨地域風景街道  ・(仮称)渥美半島 "菜の花浪漫街道"   
・「熊野古道伊勢路」
近 畿
・若狭熊川・鯖街道 ・紀南〜新熊野道(仮称) ・愛宕街道(京都鳥居本)
・まほろば ・伊勢街道
中 国
・ご縁をつなぐ神仏の通ひ路 ・とって隠岐の寄り道ルート
四 国
・(総称)四万十・南いよ風景かいどう
九 州
・日南海岸きらめきライン  ・阿蘇くじゅう・やまなみ ・(仮称)玄界灘風景街道
・ながさき サンセット・オーシャンロード ・錦江湾あったまる〜と

*~* 関東では12のうち6地域がプレゼンテーションに参加。なかなかの狭き門でした。それにしても、よく残ったなぁ!
[PR]
by mukai-message | 2006-05-20 16:10 | ○ほくと景観まちづくり

日本風景街道/シーニック・バイウェイ・ジャパン 八ヶ岳南麓の場合 10.

(写真はクリックすると拡大します)

日本風景街道モデルルート。昨日 に引き続き、近畿・中国・四国・九州からの応募一覧です。楽しい名前がたくさんありますが、私個人としては、「よりみち街道」とか「ゆっくりかいどう」などが "バイウェイ(わき道という意味)" らしいと感じます。

近 畿 地 方
(43) 若狭熊川・鯖街道 (44)東尋坊を巡る荒磯遊歩道と三国湊 (45) ごせまち近世景観 (46) 紀南〜新熊野道(仮称) (47) 愛宕街道(京都鳥居本)(48) 中之島・大川・御堂筋回廊(仮称) (49) まほろば (50) 新世紀くらわんかストリート (51) 悠久の竹内街道 (52) 琵琶湖・山中道 (53) 伊勢街道 (54) たんば三街道みわか
中 国 地 方 
(55) ご縁をつなぐ神仏の通ひ路 (56) とって隠岐の寄り道ルート (57) 大山遠望歴史の道 (58) R185みちばた会議 (59) 「下関ブルーライン」(仮称) (60) あおぞら美術館通り
四 国 地 方
(61) 『むれ源平石あかりロード』 (62) 高松中央通り・こんぴらへの道 (63) 安芸市土居廊中 (64) (総称)四万十・南いよ風景かいどう
九 州 地 方
(65) 唐津街道原町 (66) (仮称)北九州 "ゆっくりかいどう"  (67) 蒲江・北浦大漁海道 (68) 日南海岸きらめきライン (69) 阿蘇くじゅう・やまなみ (70) (仮称)玄界灘風景街道 (71) ながさき サンセット・オーシャンロード (72) 錦江湾あったまる〜と(仮称)

            〜 次回はプレゼンテーションを実施した33ルートの紹介です 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-05-19 15:14 | ○ほくと景観まちづくり