カテゴリ: ●男女共同参画 2005-06( 86 )

地域発 男(ひと)と女(ひと)のフォーラムに行こう!

(写真はクリックすると拡大します)

 なんと「地域」という文字が踊っている。一枚のチラシに7つも「地域」が躍動している。地域委員会顔負けではないか。そうか、地域委員会がやらなかったことをしてくれる講演会なのにちがいない! 
 今回は、地域の男女共同参画を呼びかける新春の催しものを 二 つ ご紹介いたします。実は、私も両方のフォーラムに出演、熱演しますので、ぜひ見に来てください!

More(以下に続きます)
[PR]
by mukai-message | 2006-12-22 18:08 | ▷男女共同参画 2005-06

性差医療(ジェンダー・スペシフィック・メディスン)とは

(クリックで拡大します)  中央病院女性専門外来

 先日の講演会「女性専門外来の現場から」を聴いての収穫は、十年ほど前は産科婦人科といった分類しかなかった診療に加えて、女性の医師がきめ細かく女性の心と身体を総合的に診察してくれる科があることを知ったことです。私が十数年前に東京で入院した頃は、多くの医師が男性でしたし、手術後の精神面のケアも十分なものではなく、不安が長引いたことを思い出しました。

 

More(以下に続きます)
[PR]
by mukai-message | 2006-12-21 21:57 | ▷男女共同参画 2005-06

父親を考えるフォーラム 「今、お父さんに求められているもの」

(クリックすると拡大します)
 
 10月の ぴゅあ総合フェスタ パフォーマンス・メッセ2006 でも活躍された広岡守穂さん(中央大学教授)による講演です。
 北杜市男女共同参画推進委員会の職場部会でも、男性の育児休暇取得を普及させるには?、子どもの授業参観や保護者会に父親が参加するようになるにはどうすればよいのか? ーー せめて年一回くらいはそうしてほしいと願って頭をひねってきました。
 参考サイトWindy's MamaLog 記事「2005年度の育児休業取得率、男性0.5%・女性72.3%」

More(以下に続きます)
[PR]
by mukai-message | 2006-12-20 18:53 | ▷男女共同参画 2005-06

八ヶ岳南麓 みんなで楽しむ 竹の野焼きと堆肥場づくり

(写真はクリックすると拡大します)
  

 なにを隠そう、私は地域委員よりも男女共同参画よりもず〜っと前から、ある環境グループの代表として地域でぼちぼちやっており、仲間と始めた「農のいろは塾」という活動は来春で4年目に入ります。財政的には民間の助成金(日本財団、生協など)と会費、事業収益でなんとか運営しており、サポーター会員が応援してくださることもあって、行政からは自主独立路線でやっています。
 イベントとして毎年12月初旬に竹林の整備をし、中旬に古竹を野焼きして同時にカヤやワラなどの自然素材で堆肥場をつくるのですが、これが一年で一番パーッと開放感を味わえる日かもしれません。早くも4日に雪が降ってしまった 去年のこの日 と比べると、今年の師走は気持悪いくらい暖かいーーなどと贅沢な文句をいいながら、朝からボンボンと景気よく爆ぜる竹を燃やしました。
   ・   ・   ・   ・   ・    ・   ・   ・  
 ところで私の前任者は男性でしたし、特に意識することはありませんが、この市民活動はごく当たり前のように「男女共同参画」路線でもあります。
 この日堆肥場づくりを途中で抜けて、午後からは一人高根町まで「講演 & パフォーマンス 女性専門外来の現場から」に出かけました。「性差医療」という言葉に興味を惹かれたからです。このお話はまたそのうちに (^^)
[PR]
by mukai-message | 2006-12-17 18:28 | ▷男女共同参画 2005-06

講演 & パフォーマンス 「 女 性 専 門 外 来 の 現 場 か ら 」

 北杜市になって新たに編成された女連協(女性団体連絡協議会)による初めての講演会。県立男女共同参画推進センターとの共催です。男女共同参画推進のためのパフォーマンスもあります。男性歓迎 (^^)/

日時 12月17日(日) 午後1:30〜3:45(受付1:00)
会場 北杜市高根ふれあい交流ホール(八ヶ岳やまびこホール)
    所在地 北杜市高根町村山北割3315
講 師  中央病院女性専門外来
塚本 路子さん(医師) 瀬戸 恵理さん(医師) 中島 るみさん(主任看護師・助産師) 

パフォーマンス
劇団さくらっ子 「よっちゃばれ」
甲府市女性市民会議OG会 「家族ってなんだろうね  親ってなんだろうね」
      ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 問合せ先  北杜市役所地域創造課 男女共同参画担当 0551-42-1323
      【ぴゅあ総合】山梨県立男女共同参画推進センター 055-235-4171
[PR]
by mukai-message | 2006-12-16 12:31 | ▷男女共同参画 2005-06

山梨県による "DV ドメスティック・バイオレンス" への取組み

婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない【憲法24条】 (画像はクリックで拡大します)

        

 こちらは、山梨県企画部県民室男女共同参画課 が平成18年3月に発行した【配偶者からの暴力防止啓発パンフレット」です。同サイトでは、配偶者暴力相談支援センターDV防止啓発パンフレット も紹介されており、外国語や点字による(内閣府作成の)ものもダウンロードできます。 
_______________________________________

「民間シェルター」については、既述 12月2日記事 および 12月11日記事 をご覧ください。
[PR]
by mukai-message | 2006-12-12 14:31 | ▷男女共同参画 2005-06

HELP in やまなし 準備会について

(画像はクリックすると拡大します)
         

 昨日、山梨のDV(ドメスティック・バイオレンス)を考える 講演会 が開催されました。北杜市では、先日市長に男女共同参画推進委員会から 相談窓口設置の要望 が出されたばかりで、DVに対する取組みは全般的に出遅れている感があります。

 以下は、民間シェルターの設立を目的に生まれた HELP in やまなし に所属する団体の一覧です。

 山梨外国人人権ネットワーク オアシス
  在日外国人に対する人権侵害と、人権侵害に対応できない社会システムの
  変革、市民への情報・学習の場の提供を目的に、福祉関係者、宗教者等を
  中心に設立されたボランティアの組織です。
   相談日 火曜日 19:00〜21:00
   連絡先 055−252−1244

 アザーボイス
  DVに苦しむ女性たちを支援する活動をしています。
   無料電話相談 第・3水曜日 10:00〜14:00
   ※第2火曜のDVトークは行われませんのでご注意ください。
   連絡先 090−8487−7923

 オープンハウス マンボウ
  妊娠中、産後はもちろん、女性が助産師に気軽に相談できる場、出会いの場、
  パワーアップできる場を提供することを目指しています
   電話相談 月曜 19:00〜21:00
   連絡先 090−1213−1981

 やまなし女性健康ネットワーク
  女性の安全・健康を考える個人や団体で構成されています。
   電話相談 水曜日 9:00〜18:00
   連絡先 055−253−9078

 女性の家HELP
 日本語、タイ語、タガログ語、英語での相談可能
   連絡先 03−3368−8855
      月〜土曜日(日本語・英語)10:00〜17;00
      月、木、金曜日(タイ語) 10:00〜17;00
      水、金曜日(タガログ語) 10:00〜17;00 
      随時スペイン語にも対応
________________________________________  
 HELP準備会は、一般の寄付とボランティアの方々の活動を必要としています。上の画像をクリックすると拡大しますので、詳細をお読みください。
ボランティア協力希望の方、HELP in やまなし 準備会 についてのお問い合わせは 055−235−0935 森川さんまでお願いします。
[PR]
by mukai-message | 2006-12-11 17:14 | ▷男女共同参画 2005-06

子育て支援活動シンポジウム 今、一番必要な子育て支援を考える

(詳細はクリックして拡大を)

日時 12月10日(日) 13:30〜16:00
会場 ぴゅあ総合 山梨県立男女共同参画推進センター

 申し込み方法は?
電話かFAXで【居住市町村・氏名・電話番号】を前日 12 月 9 日 ま で に下記のいずれかへお知らせください。
あしたの山梨を創る生活運動協会(飯窪さん) TEL/FAX 055-277-0055
山梨県立男女共同参画推進センター TEL 055-235-4171 FAX 055-235-1077
[PR]
by mukai-message | 2006-12-07 16:51 | ▷男女共同参画 2005-06

講座 やまなしの女性史を学ぶ 

 山梨県立大学「やまなし地域女性史研究プロジェクト」公開研究会・ぴゅあ総合エンパワーメントセミナーです。

第1回 「明治・大正 山梨の女性たちーその生き方と働き方」
(講師)山本多佳子さん(地方史研究家) 1980年代から「石和町誌」、「甲府市史」、「山梨県史」等の県内自治体史編纂事業に携わる。山梨郷土研究会会員。
【著書】「樋口光治聞書ーある農民運動家の百年」(1996年野口賞 受賞)
日時 12月8日(金) 午後1:30〜4:00(受付1:00)

第2回 「昭和初期 山梨の農村女性たちー聞き取りの経験から」(講師)大門正克さん(横浜国立大学経済学部教員) 日本近代史の地域史を研究しており、「山梨県史」の編纂に長く携わってきた。【著書】「明治・大正の農村」(岩波ブックレット 1992年)、「近代日本と農村社会」(日本経済評論社、1994年)、「民衆の教育経験」(青木書店、2000年)など
日時 12月16日(土) 午後1:30〜4:00(受付1:00)

会場はいずれも ぴゅあ総合 山梨県立男女共同参画推進センター です。
【共催】 山梨県立大学地域研究交流センター 山梨県立男女共同参画推進センター(ぴゅあ総合)
 申し込み方法は?
電話かFAXで【居住市町村・氏名・電話番号】を前日までに下記へお知らせください。
山梨県立男女共同参画推進センター(ぴゅあ総合)
電話 055-235-4171   FAX 055-235-1077
[PR]
by mukai-message | 2006-12-06 19:43 | ▷男女共同参画 2005-06

DV「民間シェルター HELP in やまなし 準備会」発足と講演会

昨日市長に提出した 四つの要望 の中に「ドメスティック・バイオレンス被害者の相談窓口の設置を」がありました。これに関する民間サイドのニュースがタイミングよく入りましたので、お知らせします。

民間シェルター HELP in やまなし 準備会」が発足しました。
H E L P (House in Emergency of Love and Peace) は、国籍や在留資格を問わず性的搾取や暴力の被害を受けた女性と子どもが、安心して避難できる緊急一時保護施設(シェルター)を準備できるよう援助活動を行います。シェルターは、安全で安心して滞在できるよう、3度の食事とプライバシーが確保できる宿泊の場を提供し、次の生活へのステップを踏むための相談、アパート探し、旅券やビザの滞在資格、離婚調停、生活保護を受ける場合などの公的機関との仲介や通訳などのサポートを行います。


HELPについての詳細は、近日中にリーフレットをご紹介することとし、近々開かれる講演会についてお知らせします。

講 演 会  山 梨 の D V を 考 え る 連 続 企 画  第 3 回
 DV基本計画策定後の山梨 〜医療機関における被害者支援対策は進んでいるか〜

 日時 12月10日(日)午後3:00〜5:00
 会場 カトリック教会 講堂(甲府市中央 2−7−10・税務署東)
  講師 伏見 正江(ふしみ まさえ)さん
  助産師、山梨県立看護大学短期大学部母性看護学教授。
  ピアカウンセリングサークル顧問、「アフター北京〜女・心・からだトーク」メン   バー、「DVに苦しむ女性たちを支援する団体・あざーぼいす」メンバー。      さまざまな活動から、多くの世代の女性たちに生涯を通じた健康と人権を考える機会を作り続け、「Think globally.Act locally」を実践されています。
___________________________________________________________
知 っ て い ま す か ?
DVとはドメスティックバイオレンスの略で、親密な関係にある人(配偶者や恋人、かつての配偶者、恋人も含む)から侮辱、脅迫、避難、抑圧、殴る蹴るなど、さまざまな暴力の形で、自由を奪い支配されることを言います。
DVの問題は長い間「夫婦のこと」「恋愛のもつれ」として存在していたのに、深刻に受け止められずにいました。しかし最近では社会の認識も変わり、2001年から「DV防止法」がスタートし、犯罪となりました。
警察や政府、自治体もこの問題に取り組むようになり、山梨県内でも新聞紙上などでも伝えられているように、社会問題として扱われています。
誰もが自分の問題としてDVを知ること、全ての被害者の支えとなる支援機関の充実をはかること、民間シェルターの設立を目的に「HELP」が立ち上がりました。多くの方とつながり、大きな力を形にすることを目指しています。
___________________________________________________________
 主催 HELP in やまなし準備会 問い合わせ先:055−235−0935 森川さん
[PR]
by mukai-message | 2006-12-02 13:51 | ▷男女共同参画 2005-06