カテゴリ: ●男女共同参画 2005-06( 86 )

山梨の若者の意識調査 ぴゅあ総合フェスタ2006ワークショップ 速報より 1/2

ぴゅあ総合 フェスタで10月1日に配布された実行委員会作成資料には、前日行われた ワークショップ (およそ50人が 参加)「子育て真っ最中 100人に聞きました」の情報がありました。速報として発表された「結婚や子育て」に関する調査結果に注目しましょう。
「調査対象は14歳から27歳までの未婚の男女で、少人数の 調査でしたが、若者の結婚願望や子育て意識を垣間みることができます」とあります。

結婚願望について
・回答者の68%が結婚願望を持っている 
 理由  ①新たな発見があるから ②結婚して互いの時間を共有したい
子どもについて
・回答者の78%が結婚したら「子どもを欲しい」と思っている
 理由  ①子どもが大好きで家族に憧れるから ②幸せが欲しいから
少子化の現状について
「養育費や出産にかかるお金が高く、国が負担した方がいい」「少子化改善には、社会の仕組みを変えていく必要がある」等。
「若者たちが自分のライフスタイルの変化や社会構造の変革といった 長期的視野で問題をとらえようとしている点が収穫だった」とあります。

 *~*若者は地域の未来を背負う当事者です。あなたの周囲にはこのようなテーマで気軽に話し合えるような 若者はどれほどいますか? 
 
[PR]
by mukai-message | 2006-10-14 09:09 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合パフォーマンスメッセ2006 劇団さくらっ子が描く団塊世代

(写真はクリックすると拡大します)
  

10月1日に開かれたぴゅあ総合パフォーマンスメッセ2006。そのどんじりに控えしは、今トレンドの団塊世代を取り上げた "劇団さくらっ子" さん。前評判も高く、パフォーマンス部門の一番人気でした。

団塊世代といえば、約800万という人口の多さで常にその動向が注目を浴びてきました。ファッション、音楽、マンガなど現在につながる若者文化を創り上げたことでも有名。学生運動盛んな1960年代後半を経て、男性は企業戦士となり 、他方女性の多くは M字型曲線を描いて家庭に入り、戦士を支える銃後の専業主婦になった世代としても喧伝されているところです。 *~* 彼らと至近距離で生きるべく運命づけられた私(たち)から見ると、さらにナンダカンダ言いたい気持もあるが、ここではぐっと押さえて押さえて……。

来年団塊第1期の昭和22年組(1947年生)が退職するために「2007年問題」と呼ばれていますが、この寸劇「男だってケセラセラ part2」は、それを控えた夫婦のあり方を描き、男女双方に「これからも頑張ってぇ」と声援を送るもの。観客席には終始苦笑まじりの笑いがわき起こり、この日「男のたてまえ、女のホンネ」の講演をされた広岡守穂 さんが、飛び入りでバーテンダー役を演じたりして愉快でした。
  
 *~*寸劇で、女が女よりも男を演じる方が生き生き、伸び伸びして見えたのは興味深い。さぞや「開放感」があるのでしょうね。ジェンダー (Wikipedia)の視点からもまた興味深いことです。それにしても、皆さんとても素敵な "男装の麗人 " でした!
[PR]
by mukai-message | 2006-10-13 09:12 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合 パフォーマンスメッセ2006 北杜市から紙芝居劇団が出演! 3.

(写真はクリックすると拡大します)
  

これは何でしょう。ーー 掲示板? はい、そのとおり。
パフォーマンスメッセ2006 の受付で配られた資料の中に何枚かのポストイットがあり、各パフォーマンスへのコメントをその場で書くようになっていました。
昼食を終えて会場にもどろうとすると、通路の片隅は黒山の人だかり。なんだ、なんだと前に出るとこれだったのです。出演者にとっては、批評はやはり気になります。

劇団ほくと(仮称)については、
いろいろな男女共同参画問題を推進するうえでの課題を1つ1つの芝居で表現していました。合併後のまとまりが感じられました。
女性が女性のライバルだ。そこから考えを変えるべきです。子育て・教育・しつけは女性だけのものではない。
身近に沢山有る出来事です。良いテーマでした。広い地域から大勢の皆様で力を併せての作品。素晴らしかったです。
など、「身近なテーマ」や「合併後のまとまり」についてのコメントが多かったです。
しかし、「内容はとっても立派でしたが、台本の暗記を」とのシビアなご意見も (>_<)

  *~*台本をきちんと暗記した上で堂々と本番に臨んだのは、委員長一人だけ。「よし、次は負けるもんか!」と思った出演者たちの精進ぶりが楽しみではありまする。
[PR]
by mukai-message | 2006-10-08 18:19 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合 パフォーマンスメッセ2006 北杜市から紙芝居劇団が出演! 2.

(クリックすると拡大します)    
   
北杜市のパフォーマンスは、実のところにわか仕立て紙芝居劇団によるものでした。紙芝居は小淵沢のものを北杜風にアレンジして 「ほくと ほほえみ物語」 としたものですが、それにしては見事な表紙でしょう? 小淵沢のベテランが指導したのですが、練習に全員が揃ったわけではありませんでした。、いざとなると実力が倍になっちゃうという「本番に強い」劇団だったのです! 
というわけで、この公演を機会に「これこれの公演に(前座で)出てくれないか」という要請も来ているようで、今後の忙しさが思いやられる今日この頃でありまする。
  *~* ひょっとして、前座からスターダムにのし上がる日も近いかもしれない、ふっふっふ。 

(クリック&レッツ・ゴー! ) 
[PR]
by mukai-message | 2006-10-07 18:51 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合 パフォーマンスメッセ2006 北杜市から紙芝居劇団が出演!

甲府 ぴゅあ総合 で10月1日に行われたフェスタ2006での パフォーマンスメッセ2006 のご報告です。発表したのは7団体(自主グループ5、市町村グループ2)。生憎の雨でしたが、大研修室は150人もの熱気であふれていました。

(写真はクリックすると拡大します)
  

写真左は、満員の大研修室。公演しているのは「夢のかけはし」。右は、熱演した南アルプス市推進委員会の皆さん。"気づいたら はじめてみるじゃん。 男女共同参画" 手作りの横断幕がカッコいいですね。

館内には朝から大勢の元気な女性の姿が目立ちました。「こんなに混んでいるのは初めて見た」と驚く人や「女性が多すぎて居づらいなぁ」と小さくなる男性もいました。
次回は、願わくばもっと男性を、そして若い世代にも参加してもらいたいものです。昨今は特に若い世代の労働条件が悪化する一方ですから、「男女共同参画」に期待されるものは大きいはず、と身の引き締まる思いでした。  
    〜 次回につづきます 初出演北杜市グループの登場をお楽しみに 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-10-06 17:24 | ▷男女共同参画 2005-06

ワーク・ライフ・ バランス「働き方を見直して男性の育児参加を考えるつどい」のご案内

写真は、10月1日ピュア総合フェスタ2006に出演した「夢のかけはし」の資料です。
c0041095_20105824.jpg

男女共同参画にはカタカナ用語が多くて、分かりづらいのが困りものです。今よく耳にする「ワーク・ライフ・ バランス」もその一つ。「仕事と生活の調和」という意味です。
以下は、男性の「ワーク・ライフ・ バランス」そして「働き方を見直して男性の育児参加を考えるつどい」のご案内です。

『10月は「仕事と家庭を考える月間」です。この月間行事として「働き方を見直して男性の育児参加を考えるつどい」が開催されます。男性も育児参加しやすい職場環境づくり、職場優先の働き方の見直しとワーク・ライフ・バランスの推進を目指し、仕事と家庭の両立について考える企画。入場無料です』

日時 平成18年10月4日(水)13:30〜16:30
会場 ベルクラシック甲府 

内容 ・講演「我社の両立支援の取組と成果」(株)富士情報
    ・体験発表「男性の育児休業を取得して」ニスカ(株) 
         「男性保育士としての職場と家庭の子育て支援」甲府市立北新保育所
    ・メッセージ 男性の育児参加促進事業指定事業主3社
            NECコンピューターテクノ(株)
            ニスカ(株)
            笛吹農業協同組合

◎参加申し込み・お問い合わせ 財団法人 21世紀職業財団山梨事務所
  FAX:055(236)5431   TEL:055(236)5271
 
   〜 参加申し込み〆切は9月末日とありますので、お早めに お申し込みを! 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-10-01 20:30 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合フェスタ2006(5)  プログラム 

(9.26イベントCM・クリックで拡大)

10月1日(日)のプログラムをご紹介します。受付は 前日 同様9:30です。
お待ちかねの「パフォーマンスメッセ2006」は10:00から2階大研修室で始まりま〜す。(^^) 高原の空気のようなフレッシュさが売りの「ほくと ほほえみ物語」は3番目です。お見逃しなきように!

パフォーマンスメッセ2006  【グループ名】
1.「家族ってなんだろうね 親ってなんだろうね 〜 子 ど も た ち の さ け び 〜
  【甲府市女性市民会議OG会パーフォーマンスグループ】
2.「誰が育てた桃太郎」パネルシアター
  【グループみらい】
3.「ほくとほほえみ物語」 紙芝居
  【北杜市男女共同参画推進委員会)
4.「気づいたら、はじめてみるじゃん。男女共同参画」 〜 ま ち づ く り 編 〜
  【南アルプス市ハーモニープラン推進会議】
5.「ジェンダーってなあに?」 〜 PartIV 〜 〜学び、築き、変える 私たちの暮らし〜
  【グループ W i n g やまなし】
6.「子どもたちは見ている」 〜 おままごとからわかること 〜
  【夢のかけはし】
7.「男だってケセラセラ」 〜 Part2 〜 パフォーマンス
  【劇団さくらっ子】

(注)トリを務める劇団さくらっ子の公演は、バーを舞台に「団塊世代の大量退職」というテーマを男女双方の視点から描いたもの。   参考新聞記事

さて、この日のプログラムは実に盛りだくさんです。14:00からの講演会にもご注目ください。実感こもるお話が人気の広岡カップルが登場します!

10:00 利用団体活動発表      【3階レク室】
     ☆童謡コーラス ☆介護の話、体操 ☆コーラス ☆吹奏楽
12:00 ミニコンサート ☆吹奏楽  【1階ロビー】
13:30 アトラクション ☆吹奏楽  【2階大研修室】 甲斐ウエストエンドアンサンブル 吹奏楽演奏
14:00 <講演会>「男のたてまえ、女のホンネ」  広岡守穂さん(中央大学教授) & 広岡立美さん(石川県議会議員)  【2階大研修室】
15:45 閉会セレモニー  【2階大研修室】

下欄にぴゅあ総合の周辺地図を載せます。

More(甲府ぴゅあ総合周辺地図)
[PR]
by mukai-message | 2006-09-28 16:49 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合フェスタ2006(4)  プログラム

(写真はクリックすると拡大します)


週末に開かれるぴゅあ総合フェスタでは、玄関前(12:15 おもちつき)、屋外テント(バザー)、1階ロビーやギャラリー(展示や催し)、2階ロビー、調理実習室、茶華 道室、工芸・美術室、大研修室などで催し、3階レク室で利用団体活動発表など ーー つまり全館で、老若男女向けのプログラムが繰り広げられます。

上の写真は、9月30日(土)に行われる「親子ふれあい広場」の内容です。その日のプログラムは以下の通りです。

 09:30 受付           【1階受付ロビー】
 10:00 開会セレモニー      【2階大研修室】
 10:30 ワークショップ     【2階大研修室】
     「子育て真っ最中100人に聞きました】〜今、一番必要な子育て支援は?〜
 12:00 ミニコンサート     【1階ロビー】  ハーモニカ演奏
 13:00 親子でふれあいひろば  【2階大研修室】 15:00終了
 13:00 利用団体活動発表  【3階レク室】◇ハワイアンダンス ◇社交ダンス&車椅子社交ダンス

10月1日(日)のプログラムは次回に掲載します。下欄に展示や催しの詳細があります。

More(展示・催しの詳細)
[PR]
by mukai-message | 2006-09-27 14:08 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合フェスタ2006(3)  「ほくと ほほえみ 物語」とは? 

(写真はクリックすると拡大します)

〜 ある女性が市の代表で海外研修に行くことになった時に、周囲がどう反応するのかを描いた一幕です 〜

女性1 「今度、アユミさんがヨーロッパ研修に行くんですって。うらやましいわあ」
女性2 「イタリアとかフランスですって、2週間も! すごいわねえ。たしか、中学生と高校生の子供さんがいるんじゃなかった? よくだんなさんがだまって行かせるじゃん」
女性3 「今の若い人はさあ、自分が行きたいとなったら、おだんなが止めたって絶対に聞かないわよきっと」
女性2 「そうかもしれんね、もしかしたら、だんなさんも困ってるんじゃない… わたしなんかとても2週間もうちを空けられないわ」
女性3 「本当にねえ、それが普通じゃん。いくら市の代表たって… ねえ」(以下略)

これは、「女性のライバルは誰?」という題の紙芝居です。
女性が先頭に立って頑張ったり、大きなチャンスに挑戦しようとすると、したり顔でチクチクとおなじ女性から足を引っ張られるーーというよくあるお話です。 

  ここでクイズ  ここで私が演じるのはどの女性でしょうか?.

More(クイズの答えはこちらです)
[PR]
by mukai-message | 2006-09-26 16:48 | ▷男女共同参画 2005-06

ぴゅあ総合フェスタ2006(2)  「ほくと ほほえみ 物語」とは?

(写真はクリックすると拡大します)

妻 「ねえ、あなた、この資料おもしろいわよ」
夫 (新聞を読みながら、気のない返事)「ふうん」
妻 「北杜市って157も区があるのね」
夫 「そりゃあ、8つの町がいっしょになったんだからな」
妻 「やっぱり、どの町でも区長さんは男性ばっかりね」
夫 「あたりまえじゃん、区の最高責任者だもの、昔っから男に決まってるら」
妻 「あっ、女性の区長さんが一人だけいるわ。すごいすごい」
夫 「へえ〜、女で区長が務まるのかねえ」 (以下略)

上の写真は、10月1日のパフォーマンスフェスタ出演のため、委員会開始30分前に集まって練習に打ち込んでいる出演者たちです。手にしているのは、「ほくと ほほえみ物語」の台本 。 旧8町村のうち地区への浸透を図る目的でパフォーマンス活動を行っていたのは、小淵沢、高根、須玉の3町だけでした。北杜市の委員会でそれぞれが演し物を披露し、その中から選ばれたのが小淵沢の台本です。とはいえ、今回 "ほくとバージョン" に仕立て直したので、この夫婦の会話中の数値は北杜市のものです。

  ここでクイズ 「女性の区長がいる町」はどこでしょうか?

紙芝居の題名は、市の「ほくと ほほえみ夢プラン」から採りました。このプラン名も策定委員たちが案を出し合い、本年1月26日の委員会 で投票により民主的に決まったこと、ご存知ですか?

More(クイズの答えはこちらです)
[PR]
by mukai-message | 2006-09-25 18:37 | ▷男女共同参画 2005-06