カテゴリ: ●男女共同参画 2005-06( 86 )

ぴゅあ総合フェスタ2006 北杜市からも出演します!

(写真はクリックで拡大)
 
甲府市朝気にある 県立男女共同参画推進センターぴゅあ総合 では、一年を通じて多彩な催しものが開催されています。このブログでも、すでに映画「スタンドアップ」 、CAP 大人の学習会 暴力から子どもを守ろう!ベトナム戦争の語り部 ネルソンさんの講演会 など数多くのイベントをご案内してきました。

さて、来たる9月30日(土)・10月1日(日)には、年間を通じてのハイライトともいえる「ぴゅあ総合フェスタ2006 ともに創ろう 輝く未来」が開催されます。主催はぴゅあ総合フェスタ実行委員会。
我らが北杜市からも、10月1日のパフォーマンスメッセ2006に <劇団ほくと> ならぬ <北杜市男女共同参画推進委員会> が紙芝居ほくとほほえみ物語を引っさげて初出演します! というわけで、快き秋晴れの今日、そのリハーサルにおもむきました。
ベテラン勢に混じっての熱演デビュー……。乞うご期待です。

     〜 詳しいプログラムは次回じっくりご紹介しますので、お楽しみに 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-09-24 19:28 | ▷男女共同参画 2005-06

CAP 大人の学習会 暴力から子どもを守ろう!

c0041095_12524081.jpgぴゅあ総合市民企画講座(企画 CAPやまなし)のご紹介です。

日時 9月3日(日) 10:00 〜 12:00 (受付9:30)
場所 山梨県立男女共同参画推進 センター 2階大研修室

どうしたら子どもたちを いじめ・誘拐・性暴力 などの 様々な暴力から守れるのか? 
そのために大人ができることは? 
CAPプログラムについて下記☆をご覧ください。

申し込み方法 電話(055-235-4171)、FAX
(055-235-1077)等で住所・氏名・電話番号を前日までにお知ら せ下さい。定員150名。
(託児 未就学児 8月28日までにお申し込みを。当日は受付しませ ん。)

___________________________
CAPプログラムとはChild AssauLt Prevention (子どもへの暴力防止)の略です。子どもが様々な暴力か ら自分を守るための方法をロールプレイ(役割劇)や話し合いを通して 学びます。たんなる護身術だけでなく、その根幹は「自分」というかけ ばいのない存在の大切さを教える人権教育です。
こちらの href="http://www.cap-j.net/about.html"target="_blank">関連サイト
をご覧ください。
「CAPやまなし」では山梨県 内でCAPプログラムを広めること、また、実施できるグループを 立ち上げていくことを目標としています。支援していただける方、一緒 に活動して下さる方を募集しています。
連絡先(事務局) 内藤一(メディアデコ内) FAX055-252-9178
e-mail info@mediadeco.net
[PR]
by mukai-message | 2006-08-31 14:03 | ▷男女共同参画 2005-06

北杜市の「市民と語る集い」について語ろう 9 自治会は謎の存在?

(写真はクリックすると拡大します)

これは「ふじざくら(やまなし男女共同参画ニュース」の第50号(平成18年3月発行です。内容は、主にぴゅあ総合・峡南・富士3地域における昨年度の活動報告ですが、ぱらぱら見ていてハッと眼が止まったのは、9頁に紹介されている「7/7 地域づくりセミナー 〜 男女共同参画まちづくり講座 〜 今、地域は何を問われているか」です。講師は山梨学院大学教授の 日高昭夫 さん。

解説にいわく、「日高さんが、わかっているようでわからない謎の住民団体『自治会・区』の特性やゆくえを分析し、いいたて元気通信/飯館村ホームページ を例に挙げて、男女共同参画こそ地域を救う鍵であることを説いてくれました。
企業の抱える問題・地域の抱える問題の解決策を探ったときその答えが男女共同参画にあるというのは、非常に心強いことです。企業も地域も変わるときが来ているのです」
 参考サイト 福島県男女共同参画ホームページ[データ・資料集]   
       ふくしま女性フォーラム WFF 

この講座の内容を知ったとき、「あっ、行きそびれた!」と残念になりましたが、よく見たら開催場所は ぴゅあ峡南ーーう〜む、遠い。どこか近くでこの講座のアンコールやってくれないかな。
[PR]
by mukai-message | 2006-08-25 18:21 | ▷男女共同参画 2005-06

父と子の料理教室 夏やさいパスタに挑戦!

c0041095_11254064.jpg

親子で料理をつくる楽しさを味わう企画です。対象は小学生とその父親(祖父)16組(32名)。
メニューは 夏やさいのパスタ2種類と冷たいデザート
今どきの小学生のお父さんなら「料理好きだよ」という人も多いでしょう。ですから「祖父」の出番かもしれません (^^)。1960年代には、母親から「男子厨房に入らず」と躾られた男性がうようよいたものです。当時の若者たちが今ではお孫さんと料理教室に通ったりするのかと思うと、なんとなく微笑ましい。

日時 7月8日(土)10:00〜13:10(受付9:30より)
会場 県立男女共同参画推進センター 2階 調理実習室
もちもの エプロン・三角巾(頭をおおうもの)お手ふきタオル
講師 企業組合ワーカーズコレクティブ「パクぱく」スタッフのみなさん

申込み方法 7/1(土)までに、電話(055-235-4171)かファクス(055-235-1077)で【住所・参加者全員の氏名・子どもの学年・電話番号】を知らせてください。
[PR]
by mukai-message | 2006-06-18 11:34 | ▷男女共同参画 2005-06

講演会「国際人道支援と女性」のお知らせ

c0041095_1311870.jpg男女共同参画推進月間関連の講演会です。
講師は、 日経ウーマン誌 ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006 総合1位(大賞)受賞のJEN事務局長 木山啓子さんです。

日時 6月25日(日) 13:30〜15:30 (受付13:00)
会場(甲府のぴゅあ総合)県立男女共同参画推進センター2階大会議室
対象 県民一般 100名
受講無料
申込み方法 前日までに、電話(055-235-4171)またはファクス(055-235-1077)で、住所・氏名・電話番号をお知らせください。
__________________________________

JEN は、「緊急から復興まで」の「自立を支える」NGOです。木山さんは、紛争や自然災害で厳しい状況にある人々を支援する国際協力NGOを率いる実力派NGOウーマン。1994年から活動を開始、これまで14カ国のべ100万人以上を支えてきました。旧ユーゴでは。10年間にわたり支援を続け、国際的に高い評価を受けています。豊富な海外での体験を活かし、2004年から中越自身被災地の新潟で国内初となる支援を開始しました。
  特定非営利法人ジェン 公式サイト

*~* 海外留学の後、国際舞台で活動する行動的な女性が増えてきました。民間人による活動は、人々と顔の見える関係にあり、きめ細かいことが特徴です。新聞報道だけでは伝わらない苦労話や感動体験が聞けるチャンス!

この件でふと思い出したことがあります、2005年カンヌ国際映画祭コンペ部門で上映された日本映画『バッシング』が一年経ってようやく公開中とのニュース。これは、日本社会で、身の回りで起こったあのバッシングを国際的視点から正視するチャンス! 映画については、次回またご紹介します。
[PR]
by mukai-message | 2006-06-13 13:19 | ▷男女共同参画 2005-06

男女共同参画推進リーダー委嘱式・研修会 3/3 男性への呼びかけ?

この日、「気づくことがはじめの一歩」というビデオが上映されました。30代のカップルが二組登場し、一組は「女が働くのには反対しないが、家事育児全てやれないのなら仕事を辞めるべき」と考える夫に屈する妻。もう一組は、「互いに協力しあって仕事も家事育児もやろうね」という対照的ライフスタイルの夫婦。しかし、そんな二人に首を傾げる(夫の)母 ーー つまり、男女間だけでなく世代間のギャップがテーマでした。
  
c0041095_1947716.jpg 映画の中で、後者の夫がかっこいい手つきで中華鍋を操って料理をするシーンがあり、場内は笑い声に包まれました。、それは、県の男女共同参画推進リーダーの平均年齢が高いからではないでしょうか。今どきの30代、40代の男性で「家事育児は全て妻に」と考える人の率はずっと低いのでは、と日頃ブログをハシゴしながら感じていますから。包丁だってフライパンだってすいすい、お得意料理も何品かあり、可愛い盛りの子どもと過ごす時間を心待ちにしている男性は30年前と比べると多いはずです。
となると、男女共同参画が身に付いていないのに推進しなければならない中高年世代にとっては、ちょっと耳の痛いビデオ。「だから笑ってしまえ!」という苦笑まじりの反応だったのかもしれません。ふっふっふ (^_-) 。

広岡守穂先生の講演も「男性の視点で捉えた夫婦のあり方・生き方」について、5人のお子さんがいるご自身の人生経験に基づいた説得力のあるものでした。今年の男女共同参画推進月間のセミナー にも男性の講師がずらり。「男だって家事育児を楽しみたい・楽しもう」は男性への呼びかけですが、「それじゃ悪いもん……」などと思い込みがちな女性への力づけの言葉でもあると思います。
[PR]
by mukai-message | 2006-06-03 19:58 | ▷男女共同参画 2005-06

6月は 男女共同参画推進の月

今年も県内各地で様々な推進イベントが繰り広げられます。ぴゅあ総合でのイベント はこちらです。

c0041095_20522292.jpg
北杜市のお隣の韮崎市でも、韮崎市男女共同参画推進条例制定記念 〜 男女共同参画社会の実現に向けて 〜 と題して、楽しい催しがあります。   

藤井保育園 月組のみなさん  ミニオペレッタ「にじをつくろう 」

講談師 宝井琴桜氏   講談「男女でささえる21世紀 山下さんちの物語 」

日時 6月17日(土) 13:30〜15:30
会場 東京エレクトロン 韮崎文化大ホール 
 韮崎市藤井町坂井205 電話0551-20-1155
入場無料  託児(3歳から就学前まで)事前に申込みが必要

主 催 韮崎市    主 管 韮崎市男女共同参画推進委員会
後 援 韮崎市PTA連合会 韮崎市女性団体連絡協議会 韮崎市地区長連合会 韮崎市保育所保護者連合会 (社)韮崎青年会議所 韮崎市民生委員児童委員協議会 韮崎市公民会連絡協議会 韮崎市商工会 韮崎市社会教育委員の会 韮崎市社会福祉協議会 韮崎市ボランティアの会
________________________________________
問合せ先 韮崎市総務部企画財政課  0551-22-1111 kikaku@city.nirasaki.lg.jp<
[PR]
by mukai-message | 2006-06-02 20:56 | ▷男女共同参画 2005-06

男女共同参画推進リーダー委嘱式・研修会 2/3

(写真はクリックすると拡大します)
 
私には、税金で作成される印刷物には(テーマの如何に関わらず)目を通すクセがあります。他の市町村に行ってもそうします。東京の図書館に立ち寄ると、まず入口に置かれている行政・民間によるパンフレットやチラシに注目します。
全部しっかり読まなくとも、見出しを見るだけで、そこの地域の問題や世の中の流れが感じられるのが面白い。しかも無料です(^^)

昨日 配布された資料を発行年月の新しい順にご紹介します。

・男女共同参画協賛各者会って…?(平成18年4月) 上の写真参照
・配偶者からの暴力のない社会をめざして(平成18年3月)
・ふじざくら(やまなし男女共同参画ニュース 第50号)(平成18年3月)
・データでみる やまなしの男女共同参画(ふじざくら第49号)(平成18年3月)
・私たちのまとめをあなたの "きっかけ" に!(平成17年度やまなし女性未来塾から)
・男女共同参画の視点からの公的広報の手引(平成15年3月)
・山梨県男女共同参画推進条例 あらまし (平成14年)
・ヒューマンプラン 山梨県男女共同参画 ダイジェスト版 平成14年度〜18年度

よく見ると、内容が非常に示唆に富むものもあります。今後、「データでみる やまなしの男女共同参画」や「私たちのまとめをあなたの "きっかけ" に!」、「男女共同参画の視点からの公的広報の手引」などは、本ブログでも大いに活用したいですね! もちろん、一般の方も県庁(や市)で手に入る資料ばかりです。

さて、トップ写真にあるリーフレットは、地域での推進活動用に各推進リーダーに50部ずつ配布されたもの。これからは外出時に携帯するように心がけますので、街なかで私を見かけたらどうぞご遠慮なく「1部ちょうだい」と声をかけてくださいね (^^)/
[PR]
by mukai-message | 2006-05-31 19:14 | ▷男女共同参画 2005-06

男女共同参画推進リーダー委嘱式・研修会 1/3

c0041095_2227358.jpg

標記が、本日午後1:30から男女共同参画推進センターぴゅあ総合 大研修室で開催されました。県に男女共同参画推進リーダーという制度があることは知っていましたが、経験がありませんでしたのできりっと緊張して(ホント!)出かけました。大研修室は早くから満員でした。

県内の推進リーダーは112人。うち男性は40人余。中北、峡東、峡南、富士東部の4地区の内訳は、中北38人(北杜市は5人)、峡東18人、峡南16人、富士東部40人です。

本日の内容は  委嘱式 1.委嘱状交付   2.県民室長あいさつ
        研修会 1.男女共同参画推進リーダーの役割説明(県担当課長) 2.男女共同参画推進ビデオ「気づくことがはじめの一歩」上映 3.講演「男女共同参画社会を目指して」(中央大学教授 広岡守穂 氏)

(?_?) 推進リーダーとは何する人ぞ? 
上のフローチャートにあるように、「県と地域をつなぐ位置にあって、地域に男女共同参画の情報を広め、また、地域の情報を県へ伝達する役割を担う」のだそうです。え〜! 「女衆はだまってろし」「女なんてものは」なんてのたもう地域の御仁のかんばせが次々と頭をよぎって……。 本日の収穫 肩凝り および ずしりと重い資料。   
                             ー 次 回 に 続 き ま す ー

More(山梨県男女共同参画推進条例 前文はこちら)
[PR]
by mukai-message | 2006-05-30 22:35 | ▷男女共同参画 2005-06

「スタンドアップ」 6月1日(木)〜30日(金)男女共同参画推進月間 イベント紹介

(写真はクリックすると拡大します)

会場は、県立男女共同参画推進センター ぴゅあ総合 2階 大研修室。1階ギャラリーでは、写真・資料等の展示・ビデオ視聴を行っています(10:00〜16:00)。

6月3日(土) 4:30〜15:45
 映画「スタンドアップ」  ※下欄にこの映画の紹介があります。
 (注)往復はがきでの申込みが必要。下欄をご覧下さい。
6月 11日 (日) 10:00〜15:00
 ワークショップ「男女共同参画ってなあに?
 講師 桜井高志さん(桜井・法貴(S&H) グローバル教育研究所所長)
6月 18日 (日) 13:30〜15:30
 講演会「少子化と男女共同参画
 講師 阿部正浩さん(独協大学経済学部助教授)
6月 18日 (日) 13:30〜15:30
 講演会「国際人道支援と女性
 講師 木山啓子(NPO法人 JEN事務局長)

主催 山梨県男女共同参画推進センター  055-235-4171

More(映画「スタンドアップ」について)
[PR]
by mukai-message | 2006-05-15 17:30 | ▷男女共同参画 2005-06