カテゴリ:○放 射 能 汚 染( 128 )

環境と暮しのセミナー 「今、これだけは知っておきたい憲法改定「国民投票」Q&A」

八ヶ岳からもアクセスのよい新宿駅南口から徒歩8分のところにあるカタログハウスの学校(東京校)では、年間を通じて環境や暮しに関するセミナーが開催されています。
7月は「憲法改定・国民投票」について、8月は「ダムに沈む村を訪ね歩いて」。大阪校では、大干ばつのつづくアフガニスタンで井戸を掘り、現地の人たちの治療をつづけているペシャワール会現地代表の中村哲さんの講演も開かれるそうです。

  日時 7月15日(土)午後2時〜3時30分
  会場 カタログハウス本社ビル B2階セミナーホール(東京都渋谷区代々木2-12-2)
  参加費:1000円
  定員:150人(定員になり次第締切られます)

  講師:今井一さん(ジャーナリスト、真っ当な国民投票のルールを作る会事務局)
 
お申込み・地図 カタログハウスのウェブサイト から。  

お問合せ 電話:0120−545−450(受付時間 平日10時30分〜17時)   
メール  school@cataloghouse.co.jp  
※お申込み・お問合せは開催日2日前までにお願いいたします
_________________________________________

『「衆参両院3分の2以上の賛成があれば憲法を改定できる」などという報道がなされたりすることがありますが、国会ができるのは「憲法をこんなふうに変えましょう」という発議(国民への提案)だけ。そのあとの国民投票で過半数の賛成がなければ、憲法は変えられません。つまり、最終的には私たちの一票にすべてが委ねられているのです。国民投票は「国のかたち」を決める際の大事なカギを握っています。
そんな大事な国民投票ですが、その仕組みがどうなっているのか、一般的にはまだまだ認知されていないのが現実です。
当日は、新聞・テレビ等では報道されない、とっておきの「裏話」も飛び出るかもしれません。ご期待ください』とのことです。
[PR]
by mukai-message | 2006-07-08 10:08 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(0)

緊急! 講演会「キューバ都市農業調査報告・日本の有機農業を考える」

CUBA キューバ! と聴くと何を思い浮かべますか? 音楽、映画、フィデル・カストロ、チェ・ゲバラ、コーヒー ーー そう、今や有機農業
2006年4月に2週間ほどハバナで現地調査をされた知見邦彦さん(農林業環境問題研究会 理事・研究員)のお話です。都市の人口集中、食糧問題、失業問題、環境問題を有機農業によって解決を図る取り組み。ハバナ市の60%の土地で有機農業が営まれ、200万都市人口の野菜供給を実現しました。その経験をまなび、日本の有機農業についてみなさんと考えます。講演日は明日! どうぞお出かけください。

日時 7月8日(土)午後2時〜5時 
会場 リバース和戸 視聴覚室(JR石和温泉より徒歩12分ほど)
講師 知見邦彦さん 

入場無料  主催 山梨地方自治研究所
[PR]
by mukai-message | 2006-07-07 19:31 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(0)

スイカズラの金網にひっかかる アルミ缶

c0041095_1853937.jpg
何日か前、スイカズラ の花を愛でた金網にこんなものを見つけてしまった。
緑茶を飲み干して道ばたに捨てるわけでなく、網越しに投げ込むわけでもなく、きちっと植物の蔓にはさんで「飾ってみました」とでもいうような処理方法だ。

スイカズラもアケビも姿を消す冬になればもっと目立つだろう、この道端のオブジェ。
[PR]
by mukai-message | 2006-07-04 18:08 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)

野菜畑で想う 遠い青森で起きていること 3.

c0041095_1712516.jpg前回引用した 外務省 再編実施のための日米のロードマップ
(仮訳)平成18年5月1日 
の中で最も注目されているのが下記。
5.ミサイル防衛
*双方が追加的な能力を展開し、それぞれの弾道ミサイル防衛能力を向上させることに応じて、緊密な連携が継続される。
*新たな米軍のXバンド・レーダー・システムの最適な展開地として航空自衛隊車力分屯基地が選定された。レーダーが運用可能となる2006年夏までに、必要な措置や米側の資金負担による施設改修が行われる。
*米国政府は、Xバンド・レーダーのデータを日本国政府と共有する。
*米軍のパトリオットPAC-3能力が、日本における既存の米軍施設・区域に展開され、可能な限り早い時期に運用可能となる。


     さて、「航空自衛隊車力分屯基地」は青森県津軽半島側の(現在つがる市)旧西津軽郡車力
     村にあります。こことほぼ同じ緯度の下北半島側(太平洋側)に六ヶ所村があり、そこから南
     20キロ余の場所に米軍三沢基地があります。この三角関係だけでも軍事に疎い私にとっては
     おどろおどろしい感じなのですが……。
     アメリカが「施設改修の資金負担」をして車力分屯基地に設置する Xバンド・レーダー・
     システム
って何でしょう? また、パトリオットは湾岸戦争で有名になった広域防空ミサイル
     のことですが、パトリオットPAC-3 とは?

     白神山地(世界遺産) に憧れ、青森の魅力に捕われている私ですが、この様な「要塞として
     の顔」を知れば知るほど不安に駆られてしまう。ノンキに「青森名物で好きなものは?」 
     などとはしゃぐ気にはなれないのです(>_<) 。
     ーー でもブログ「まるごと青森」さん、畑からはたびたび訪問しますからね

     以下、地元紙「Web東奥」の記事をリンクします。
     ◎ 2006年2月9日 (木)  米の狙いグアム防衛か/Xバンドレーダー車力配備/探知能力
     2000キロ?北朝鮮ミサイル想定
     ◎ 2006年5月1日(月)  受け入れ決定から1カ月/Xバンドを再検証
[PR]
by mukai-message | 2006-06-26 17:17 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)

野菜畑で想う 遠い青森で起きていること 2.

c0041095_18414765.jpg
      写真は、ちょっと萎びてますが誰でも知っているニンニクです。その歴史は紀元前
      に遡り、日本に伝来したのは4〜5世紀で、古事記、日本書紀にも出て来るという
      古来からの野菜。最近では姿を変え、ネーミングも新しく「フライドガーリック」
      という商品になって人気を呼ぶというしたたかさもあります。

      ところであなたの台所の片隅でひっそりしているニンニクの産地はどこですか? 
      我が家のは青森です。中国産の3倍くらいの値段ですが、努めて国産品を買う
      ようにしているのです。(注 青森のにんにく 全国生産量1位 (75%)

      日頃利用している生協さんでは国産ニンニクしか扱っていないという理由もあり
      ますが、それよりも、基本的に野菜が遠くからはるばる運ばれてくるという事態
      に感心しないからです。昨年安い中国(河北省)産に猛毒の農薬が用いられてい
      たという報告もありましたし、顔が見えないどころか、野菜作りの情報がほとんど
      入らない産地で作られる野菜というのはどうも・・・。そしてニンニクは常時大量に
      使うものではないので、値段で勝負! と言っても家計への影響はたかが知れて
      います。だから、国産=ほとんど青森産愛用です。
      ◎参考サイト 青森県におけるにんにくの市町村別作付面積、収穫量、出荷量

      さて、個人的にはむしろ野菜のお話をず〜っと続けたいのですが、思うところあっ
      て、次回はニンニクから一挙にミサイルのお話へとぶっ飛びます。

      下欄に参考資料を載せておきます。    ー 次 回 に 続 き ま す ー

More(外務省 再編実施のための日米のロードマップ(仮訳)引用)
[PR]
by mukai-message | 2006-06-24 19:00 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)

野菜畑で想う 遠い青森で起きていること

(ナガイモの葉・クリックすると拡大)  

自家用の野菜くらい自分でつくるーーと言うは簡単、行うは難し。仲間たちと一緒に地元のお年寄り農業者を先生として 「農のいろは塾」 を運営して3年になりますが、悩みのハードルが次々と現れます。環境を大切にーーと言うは簡単、努力するのも簡単、しかし徹頭徹尾そうあるのは難し。天候に左右され、病虫害に悩まされ、ああすればいいのか、それともこうすれば……と、試行錯誤の連続です。お蔭で季節の変化や自然の力に敏感になり、身近な環境への意識が高まったのが目に見えない "収穫" でしょうか。たまに東京のスーパーに出かけると、ぴかぴか輝く粒のそろった野菜に「なんかヘン!」とアンテナが働き、「安けりゃいいってもんじゃないし……」と必ず産地をチェック。ちょっとウルサイお客になってしまいました。

その他にも個人で畑を借りていて、そこは「うちで食べたいもの」づくりのチャレンジの場です(-_-;) 。よく「プロの農家じゃないからお気楽じゃん」と言われますが、アマチュアだって、結果が悪ければがっかりするもの。今年は長いもに初挑戦中ですが、果たして? ドキドキわくわくの "いつまでたっても新米" 畑ライフを送っています。

さて、春先に買い求めた長芋(の一種)は青森産でした。言うまでもなく青森は農・海産物の豊富さで名高い。 たまたま出会ったこちらの ブログ「まるごと青森」 を訪れては、日本一!「青森長いも」の長いもジュース のような楽しくタメになる特産品・食べ物屋・観光情報に接するうちにいつの間にか青森ファンになってしまったほどです。     
                            ー 次回に続きます ー
[PR]
by mukai-message | 2006-06-23 10:05 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(4)

緊急!「残余のリスク」へのあなたの意見提出 今夜が〆切です!

先ほどの「緑 陰」の記事ですっきり爽やかしたかったのですが(笑)、「国の原発政策にあなたの声をぜひ伝えて欲しい」というメルマガを読み、再びキーボードに向かうことにしました。なぜなら、山梨県北杜市にも大いに関係のあることだからです!! 

過日長坂地域委員会が主催した「北杜市の地震危険と地域の防災」講演会 は非常に分かり易く、資料も充実していました。しかし、ある一点に触れられることがなかったのが不安でした。それは、隣県静岡にある浜岡原発による東海地震時の大災害の可能性のことです。

今回、国は25年ぶりに、全国の原発の「耐震指針」というものを見直すことになり、それでこの「指針」が改訂されることになったのです。それに際して「パブリックコメント(国民意見)」を募集しており、その提出〆切が今日(正確には今夜11:59:59)!!
   「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針(案)」に対する意見募集
 
 今回の指針改正案では標記の「残余のリスク」に注目が集まっています。「残余のリスク」とは、「どんなに大きな地震を想定しても、その揺れに耐えるように設計しても、なおそれを超えるような地震が起こり、設計を超える揺れに襲われる危険性は否定できないこと、そのために原発が重大な事故を起こし、環境に放射能を放出して人々に被曝させるリスクがあること」という意味だそうです。
国は今まで原発は絶対安全で、放射能漏れが起きることはないと言い続けてきたわけですが、今回の指針改定案で、初めて「残余のリスク」があると言い始めました。しかし指針(案)には「合理的に実行可能な限り小さくするための努力が払われるべきである」とあるものの具体性に欠けます。

 山梨県ではすでにパブリックコメント(県民意見提出制度)を導入しています。身近な北杜市ではまだなので馴染みが薄いのですが、「できるだけ多くの人の声が集ま」らなければ、結局「絵に描いた餅」になってしまう制度です。あなたの意見をあなた流に国の原子力安全委員会に伝えてみませんか? 参考までに私が急きょ送ったコメントの一部を下欄に載せます。このように短く簡単でも「黙っているよりマシ」なのです……。小さくてもいいから、自分の家族、仲間、地域のために以下のサイトまで「声」を届けましょう!!
 ⇨ 意見提出先サイト

  参考にしたメールマガジン 「号外 原発震災で死なないために」と そのブログ フェアトレード情報室にゅうす

More(参考意見はこちら)
[PR]
by mukai-message | 2006-06-22 15:01 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(4)

<リレービデオ上映会>ニュース 記録映画「日独裁判官物語」

c0041095_16272946.jpgゴミ問題、自然を生かした川づくり ーー 私が環境に興味を抱いた12年ほど前から、「ドイツでは」という枕詞は耳タコである。目に見える事物だけではない。「司法」にも「ドイツでは」が付く。ドイツの裁判官には市民的自由があり、個人として「原発反対デモ」にだって参加できるのだ。

なぜこんなに違うの? この映画が「日独」と謳いながら、ドイツの裁判官のことばかり描くのは何故だろう。そうか、ドイツでは「取材がオープンにできる」のだ。そう気づくと、違いが見えて来る。

1968年に始まったフランスの学生運動は遠く日本にも飛び火したし、すでに伝説となっている。ヨーロッパでは、あの世代が後の社会を変革する原動力になったという。「でも今のドイツでは?」世代が変わりつつある現在について考えながらこの映画を見るのも興味深いと思う。

第5回<リレービデオ上映会> 「日独裁判官物語」(2000年度文化庁優秀映画賞受賞)
6月27日(火)午後 4:30 〜 7:00
会場 高根町生涯学習センター2階視聴覚室
参加費 50円
_________________________________________
「リレービデオ上映会」 、次回上映予定は以下の通り。
 第6回(7月で日程調整中)「黒い太陽七三一」
 (石井細菌部隊『悪魔の飽食』の世界の全貌…。真実と向き合う。)
                     〜 連絡先 0551-32-6741 オザワ 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-06-09 16:34 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(0)

英国セラフィールドから青森六ヶ所村まで 3/3 農産物への影響は? 

c0041095_14313973.jpg
     前回の水産物 に引き続き、空気中に放出される放射能による農産物への影響を考えます。
     東北の特産品がよく食卓に上る人も多いでしょう。"地産地消" という言葉が根付いた今、
      「いいさ、野菜なんか安い中国から輸入すりゃあいい」と澄まし顔でいられるのか?

青森の全国生産量
にんにく 1位(75%)  りんご 1位(55%)  長芋 1位(37%)  ごぼう 1位(25%)
岩手の全国生産量
雑穀 1位(52%)  ホップ 1位(40%)  ブロイラー 3位(15%)  りんご 3位(7%)

________________________________________
     ◎ 昨春、核拡散条約 (NPT) 再検討会議中、アメリカのNGO 「憂慮する科学者同盟」
     が4名のノーベル賞受賞者などと共に六ヶ所再処理工場の運転延期を求める署名を
     国連で発表しました。

     ◎「再処理工場は、住民を使って放射能の人体実験をしているようなものだ」
                    ーーー フランス独立放射能研究所シャレロン所長
________________________________________

     六ヶ所再処理工場に関するブログをいくつかご紹介します。
      坂本龍一ブログ   止めよう!六ヶ所再処理工場   the daily sketch 3  
      Sophia Forest
      既述 痛いか、痒いかこの記事「無関心、都市住民にも責任 エネルギー浪費、自省を」 
[PR]
by mukai-message | 2006-05-28 10:24 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(4)

英国セラフィールドから青森六ヶ所村まで 2/3 水産物への影響は? 

      前回載せた記事中で 下の写真 が表しているのは、2002年8月26日、再処理工場
      から海洋に放出される放射能がどのように広がっていくかを調べるため、約1万
      枚のハガキを放流したその漂着地点です。(2002年12月9日現在の集計結果)
c0041095_15131399.jpg

      こちらは、岩手の漁師さん達のホームページ「明日の大漁夢に見て」の
      六ヶ所村再処理工場による海洋汚染-2 です。

<参考> 青森、三陸の水産物 全国生産量一覧
青森の全国生産量  
わかさぎ 1位(30%)  しじみ 2位(27%)  ひらめ 1位(14%)  ほたて 2位(14%)
岩手の全国生産量  
わかめ 1位(40%)  あわび 1位(20%)  こんぶ 2位(15%)  ほや 2位(15%)  
うに 2位(12%)  白ざけ 2位(12%)
■宮城の全国生産量  
銀ざけ1位(100%)  ほや 1位(80%)  かき 2位(27%) 
 わかめ 2位(25%)        
                       次 回 は、農 産 物 へ の 影 響 を 見 て い き ま す。
[PR]
by mukai-message | 2006-05-27 15:30 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(0)