カテゴリ:○放 射 能 汚 染( 128 )

英国セラフィールドから青森六ヶ所村まで 1/3 何が問題なのか 

c0041095_14561859.jpg
      去年5月、ロンドン滞在中に知ったセラフィールドのソープ再処理工場での事故
      それ以来、私にとってずっと気がかりだった問題です。最近、山梨のある農業者の
      方から渡されたずっしり重い資料を読んだのですが、あの「気がかり」が、この
     「暗雲たちこめる思い」に変わりつつあります。
c0041095_14562871.jpg
      青森県六ヶ所村に建てられた「再処理工場(原発で使いおえた燃料からプルトニウ
      ムとウランを抽出する工場)」は、2007年8月まで再処理試運転されます。
      そ の 後 本 運 転 が 開 始 す る と ど の よ う な こ と に な る の で しょ う か。
      あと約15ヶ月。その間に何かできるはず。「できるだけ多くの人々に知って
      もらうこと」ーー 岩手では県議会、新聞など多くの人々が動いています。
      しかし、彼らだけに任せておいてよいのでしょうか。

       ヨーロッパではフランスとイギリスに同様の工場がありますが、イギリスの工
      場周辺は他地域よりも子ども達の白血病が10倍、フランスでは6倍多いということ
      (両政府とも因果関係を認めていない)
       再処理という方法でなしに、直接処分(そのまま保管する方法)の方が汚染も
      コストもずっと少ないので、世界の主流になっていること
       そして、日本では去年のセラフィールドの事故についてほとんどのマスコミが
      報道しなかったこと。あれは個人のブログを通じて広まったニュースだったこと。

      これらについて、どれほどの事を知っていましたか? 
      私にとっては、去年同様、最後の項目が最もおそろしいことに思えます (>_<)
________________________________________
上の写真の資料は、京都のNGOグリーン・アクション発行のブックレットからの引用です。こちらのサイトからPDFでダウンロードできます。
[PR]
by mukai-message | 2006-05-26 17:18 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(4)

2006年新緑の5月 ロンドンで今 2/3 

(写真はクリックすると拡大します)

ロンドンを初めて訪れたのは1970年。ビートルズが解散した年の夏で、大阪では万博が開催中だった。昨年5月、同じヒースロー空港に降り立ったのだが、まるでアジア大陸のど真ん中に到着したかのような騒ぎだった。街なかで耳に入るのも外国なまりの英語が多い。ーーこのことは、すでに「黄昏のロンドンから」(1977年大宅壮一賞を受賞)の冒頭に書かれているが、それから約30年、ロンドンの移民都市化はさらに進んでいるように見える。
かくも巨大国際都市になったロンドンに驚きも戸惑いもなく、過去と現在との間隙を難なく調整できたのは、インターネットにより世界各地から発信される様々な情報、特にメールマガジンやブログに日頃親しんでいるためだろう。

滞在中は頻繁に地下鉄を利用したが、昔は違法だった駅構内での「バスキング=路上での歌や演奏でチップを稼ぐこと」が近年合法となり、オーディションを通ったミュージシャンのみが演奏できるライセンス制であること、それが地下鉄利用者に概ね好評であること、日本人初のDOMONさんという「魂のバスカー」もいることもちゃんと知っていた! 残念ながらスケジュールが合わず彼の追っかけをすることはできなかったが、これからロンドンに行かれる方は、 こちらのホームページ で予定を確認の上、話題のバスカーの演奏を聞きに出かけてはいかがだろうか。もちろん、ハートフルなチップも忘れずに!

以下、DOMONさんのメルマガより<昨年7月7日テロ>の翌日の日記を、ご本人の許可を得て全文引用します。(写真提供もDOMONさん)

More(魂のバスカーの日記 8 July 2005)
[PR]
by mukai-message | 2006-05-10 19:10 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(6)

2006年新緑の5月 ロンドンで今 1/3

(写真はクリックすると拡大します)


昨年5月、高校同期の 本田孝一さん が大英博物館の招待で渡英しました。彼はアラブ圏ではよく知られた書家です。英国での展覧会は初めてとあって、その妻(やはり同期生)のガイド役として私は通訳、連れ合いは撮影係として同行しました。展覧会では書道の実演に人気があり、特に本田さんのコーナーには、大勢の人々や取材陣が詰めかけて活況を呈していたのが強く印象に残っています。私にとっては久しぶりのロンドンでしたが、隔世の感を味わうことなくすんなり溶け込めたのは、インターネットのお蔭でしょう。

さて、あれから1年。本田さんは再び5月18日(木)オープンの「文字から藝術へ
 Word into Art Exhibition
」出品のために渡英します。書家による実演は21日(日)に行われる予定。80点展示されるアラビア書道書家の作品中彼の作品は3点ということです。今回は単独渡英ですので、私どもは遠くから展覧会の成功を祈ることにいたします。グローバルな時代ですから、9月3日(日)までの会期中にロンドンを訪れる方も多いことでしょう。ぜひ大英博物館イスラム美術ギャラリーを覗いてみてください。

 *~* 帰国後の7月、滞在中毎日利用していた地下鉄やバスで二度にわたって起きた同時爆発事件に言葉を失った。会場で知り合ったアラブの人々の顔を思い浮かべると、ロンドン訪問記なぞのんびり書けなくなってしまったものだ。ーー あれから1年、「平和の重み」を噛みしめながら見つめる八ヶ岳南麓の緑は、英国の人工的なカントリーサイドよりずっと自然の力に満ちあふれ、鮮烈かつ優しい。
"戦争は最大の環境破壊" であることを忘れてはならない。 
[PR]
by mukai-message | 2006-05-09 09:00 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(4)

命に国境はない 高遠菜穂子さん講演会

       否戦・平和を紡ぐ しなやか人 展>   3月23日(木)〜26日(日)

(写真はクリックすると拡大します)

日時  3月26日(日) 開場13:30 開演14:00
会場  甲府市北部市民センター(北公民館) 甲府市湯村3-5-20  電話055-252-0611
資料代 300円
[主催 「派兵は決定的違憲」市民訴訟の会・山梨 連絡先電話番号 0551-25-4500]
_______________________________________________________________
*~* 渡る世間は鬼だらけーー名乗らずののしるという卑怯な人々から凄まじいバッシングを受けた高遠さん。他方では影になり日なたになり激励する人も少なくなかったようで、今も元気に活躍しておられます。よかったぁ! 
私は、1970年代前半をヨーロッパ(ドイツとフランス)で過ごしましたが、当時も今も海外で暮らす多くの日本人の評判ときたら、「国際政治はおろか国内政治ですら語れない。おしゃべりするのは個人的なことかブランドやグルメのことだけ」というのが一般的なのです。あっ、昔はブランドもグルメもなかったけど(^^; 。当たり障りのないことしか口にできない社会って怖くはありませんか。私は、高遠さんのような日本人がいることを誇らしく思っています。

高遠菜穂子さんの イラク・ホープ・ダイアリー 〜 リアルタイムでイラクの今をお知らせする公開日記 〜
[PR]
by mukai-message | 2006-03-16 18:19 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(7)

否戦・平和を紡ぐ しなやか人展 ご案内

(千人針・クリックすると拡大します)

「派兵は決定的違憲」市民訴訟の会解散記念企画展です。
日時 3月23日(木)〜26日(日)
場所 北公民館ホール(甲府市湯村)
内容 
作品展(全期間中) 絵画、美術工芸品、写真、コレクション、活動の紹介パネル、著書、ビラ、チラシ、その他テーマに直接関係なくとも、みんなにアピールしたい物等々。
3月24日(金)午後6:00〜8:00 小出昭一郎と一緒に、唄でつづる昭和史
3月25日(土)午後5:00〜7:00 「え?この人が」ミニコンサート&なつかしの歌声喫茶(長井康平/金野奉晴) 
3月26日(日)午後 高遠菜穂子さん講演会 「命に国境はない」——報道の見えない壁の向こうで、イラクでは何が起きているかーー ※会の解散の日、高遠さんの報告を聞いて、訴訟の原点であったイラク戦争とは何なのかを、あらためて考えてみたいと思います。

以下、この展覧会の趣旨を訴える手紙の全文を引用します。

More(展覧会の趣旨 全文)
[PR]
by mukai-message | 2006-03-06 11:51 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(0)

緊急!「九条の会」アピールに賛同する こぶちさわ の会 発足の集い

c0041095_23134328.jpg 本日! 発 足 の 集 い 「 九 条 の 会 」ア ピ ー ル に 賛 同 す る こ ぶ ち さ わ の 会  

日時 3月4日(土) 午後1時〜3時半(開場12時半)
会場 生涯学習センターこぶちさわ 大ホール(小渕沢小学校隣) 
参加費 300円
記念講演 渡辺治 さん (1947年生まれ。東大法学部卒業。「九条の会」事務局。現在、一橋大学大学院教授。「講座 改革政治の時代 ー 小泉政権論」、「日本国憲法(改正)史」など 著 書 多数)

小渕沢町のみなさん、いま日本国憲法を根本から否定する動きが強まっています。なかでも第九条が焦点にされています。
日本は『戦争をしない国』に生まれ変わりました」と、世界に向けて宣言してから約60年です。このまま憲法の平和条項が変えられようとするのを、黙って見ていることができません。大江健三郎さんたち九人の呼びかけに応えて、すでに全国で4千以上つくられたという「九条の会」をわが町にも誕生させたいと私たちは集いました。子や孫の世代に「平和を残すために、私たちは何をすべきなのか、ご一緒に考えていきませんか?
多くの方のご参加を、心から呼びかけます。


於 生 涯 学 習 セ ン タ ー こ ぶ ち さ わ 3 6 - 3 1 2 5 ( 小 学 校 隣 )〜 連絡先 36-5452 盆出さん 〜

More(呼びかけ人一同)
[PR]
by mukai-message | 2006-03-04 00:23 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(4)

新春映画鑑賞会 ご案内 「 父 と 暮 せ ば 」

(写真はクリックすると拡大します)
 
       おとったん、ありがとありました。

       愛する者たちを一瞬の閃光に奪われ
       生き残った娘。その恋のときめきから
       この世に舞い戻ったおとったんーーこれはひたむきな魂の再生物語です。

      (原作 井上ひさし  監督 黒木和雄  出演 宮沢りえ 原田芳雄)

   日時 3月24日(金)一日2回上映   午後2時 ・ 午後6時30分
   会場 県立文学館講堂

前売り券 大人券 1,200円(当日1,500円) 学生券 1,000円(当日1,300円) 子ども 700円
問合せ・申込み 映画普及運動センター 電話・ファクス 0552-32-4884

文部科学省/厚生労働省社会保障審議会特別推薦/青少年映画審議会推薦/日本PTA全国協議会推薦/日本映画ペンクラブ特別推薦/日本原水爆被害者団体協議会特別推薦
[PR]
by mukai-message | 2006-03-02 11:52 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)

長坂地域委員会主催 講演会 北杜市の地震危険と地域の防災 3/3

     講演より「糸魚川・静岡構造線の東に、まだ十分な調査がされていない釜無川断層がある」
(写真はクリックすると拡大します)  

阪神・淡路大震災時の要救出者3.5万人のうち、2.7万人(約8割)は近隣住民や家族等により救出されたという。北杜市では、「市対策本部すら大混乱して救助どころではなくなる。助けが来ないのが問題」と指摘する講師の吉井博明さんは、「自力が8割、救援は2割」と断言する。事前に自力をアップする必要がある、とも。

防災グループワークについて
できれば同じ地域に住む数人でひとつのグループをつくり、自宅、職場、近所、救出現場、病院などでの様々な状況設定と質問、グループでの検討を通してイメージトレーニングをするのが、地域の防災力を高める上で有益だという。
エピローグ ああ、新住民よ!
講演会の後、短時間ながら質疑応答となった。その折に二人ほどの質問者が、堂々とこう述べ立てたのはいささか驚いた。
・「問い合わせたら、近くに公民館があるのに避難場所は小学校だと聞いた。クルマで行くにしても遠いので困る()」 
・「町に毛布の備蓄はどれくらいあるのか。身の回りの物くらいは自分でリュックに詰めるが、毛布までは大変なので、ぜひ行政にお願いしたい」
吉井講師が、あれほど各被災地における豊富な例を基に「自力8割」の必要性を強調したというのに、である。「分かり易い講演だったのに、何を聞いていたのかなぁ。あの人たちってどういう人だと思う?」と、近くにいた知人に聞かれて、私は口ごもりながら答えた。「 "しんじゅ〜みん" ーーたぶん、引っ越してきて1、2年でしょう」

北杜市全域が地震防災対策強化地域に指定されてすでに数年経過している。いかなる住民にも別荘人にも、災害は等しく降りかかって来ることを忘れてはならない。

  地震の際はクルマに乗って移動しないこと。これは、どこの都道府県・市町村でも常識だ。公民館は当該地区の区員が運営しているもの。たまたま近くの公民館が避難場所に指定されていないのは、防災上問題があるのでしょう。
[PR]
by mukai-message | 2006-02-26 19:15 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)

長坂地域委員会主催 講演会 北杜市の地震危険と地域の防災 2/3

(写真はクリックすると拡大します)
   

以下は、講師吉井博明さんの資料の一部の引用(まとめ)です。 
[ 北 杜 市 突 発 東 海 地 震 に よ る 被 害 想 定 ]
a. 震度分布       地盤が悪いところで震度6弱、他は震度5強 
             ※大きな揺れが長く続く
b. 液状化危険      ほんの一部
c. 急傾斜地崩壊危険   危険大の箇所は16、危険中が52、危険小が37
d. 地滑り発生の危険性  危険度中が1箇所のみ
             ※急傾斜地・地滑りが多く、20箇所になるかもしれない
e. 建物被害       全壊率1.0%(18棟)、半壊率4.7%(1,229棟)
             ※火災発生はないと予想される。
f. 人的被害(死者数)   死者2名、重軽傷者123名
g. 道路被害危険度    ところどころに発生(県南部では孤立地区多数発生)
h. 河川被害(天然ダム) (北杜市については記載なし)
i. 断水率          2.9%
j. 停電率          5.8%
k. LPガス機能支障率    4.7%
l. 一般電話 通話支障率    0.5%(輻輳ーふくそうーは別)
その他          時期によっては、多数の滞留者・帰宅困難者が出る恐れがある。ライフライン(電気、水道、ガス、電話)被害も数%出るかもしれない。 

吉井さんのコメント「北杜市での問題は、助けが来ないこと。自力でやる必要があること」
_____________________________________________________________________
*~* これは東海地震のみの被害想定だが、数字だけに惑わされてはならないと思う。被害の程度は季節的条件、家屋の形状や土地の性質、天候状態、河川の状況その他の条件によっても異なるはずだ。図書館で調べたり、地域の人の話を聞いて、自分の土地の履歴や過去の災害状況を確認しておきたい。防災への心構えは、おのれを知り、地域を知ることから出発すべきだと思う。          〜 明日へと続きます〜  
[PR]
by mukai-message | 2006-02-25 20:22 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)

長坂地域委員会主催 講演会 北杜市の地震危険と地域の防災 1/3

(場内には、各町消防団の姿が目立った ・ 写真はクリックすると拡大します)
    

自画自賛でなしに、これは極めてタメになる講演会でした。
講師の 吉井博明さん は、高校生だった昭和34年9月、伊勢湾台風に襲われた名古屋で被災されたそうで、こう語っています。「地元では『紀伊半島を越えて来る台風なんて絶対にない』と言われていました。地震について言えば、学者が『どこにでも起きうる』と言っているのに、人々はそれを信じません。神戸でも、中越の時にもそうでした。山梨はここ20〜30年間大地震はありませんでしたので、かえって危険なのですよ」

吉井さんは、文科系の地震研究者という珍しい存在。それだけにお話は、専門用語の羅列も少なく分かり易い。特に災害各地の現場での事例について、また行政と住民の対応のあり方について非常に示唆に富む内容でした。「北杜市の地震危険と地域の防災」と題されたお話の概要は以下の通りです。
  北杜市の地震危険
 (1) 海溝型 東海地震など      (2) 活断層型 糸魚川・静岡構造線など

  新潟県中越地震に学ぶ
 (1) 被害の概要           (2) 自治体及び住民等の対応

  北杜市の地域防災力をどう高めるか ー まず何から始めるか ー
 (1) 大災害とは何かを理解する    (2) 大災害に対応できるようにするための方法
 (3) 防災グループワークという手法  (4) 防災グループワークの効用

_________________________________________
*~* 「この辺りは岩盤が堅いから、大地震の心配はない」とか「東海地震は沿海側の問題だ」とか「東海地震は予知可能な地震だから大丈夫」と思っていて、軽い気持ちで参加した人には非常にショッキングな講演だったかもしれません。私は、以前県主催の防災ボランティアの集まりに出た時に、「東海地震は北と西に震源域が広がっているため内陸型、つまり山梨県直下型地震となること」また「これは、1940(昭和19)年に起きた東南海地震およびその10年後の南海地震と関連する可能性があり、さらに全国でも危険度トップクラスの糸魚川・静岡構造断層帯が近くにあること」を学びましたので驚きませんでしたが、今回の講演は、「何がどう起こりうるのか」を知り、「どのような事態を想定して、どう備えればよいのか」を具体的に実践しようという気持ちにさせてくれるもので有益でした。
あなただって、いい加減な知識のままで被災した挙句ひたすら救助を待つくらいなら、十二分に備えて、できれば人々を助ける側にまわりたくはないですか。

〜 明日は、記憶に新しい小千谷市(人口42,000人)の例を基にして北杜市に起こりうること、自分にできうること、それからーー "ああ、新住民よ! " です〜
[PR]
by mukai-message | 2006-02-24 18:00 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(6)