カテゴリ:○北杜市を追っかけます( 13 )

ほくと市制施行6周年記念式典 感想文 2/4

      市制祭に出席するのは初めてではなかった。だが、以前は、ただの形式というか、
      感じるものが少なかった、つまり退屈、じっと我慢のしどころだった。ところが、
      6周年目に何が起こったのか、最後まで飽きず、眠らずにいた。ほんと!
      
      市長の挨拶も効果的だった。二年に亘る地域委員会時代にも市長のスピーチを
      うんざりするほど聞かされたものだが、今回は、なにかが、多分財政難の自治体、
      北杜市の今後に寄せる想いがそれまでになく込められていたのではないか。
      
      そして最後のプログラムは、お定まりの記念講演。講師は、北杜市白州町出身、
      白砂昭一さん。演題は、「大ずく、小ずく」。
      広報12月号では、「白砂さんは、『ますます素晴らしい北杜市になるように努
      めようではありませんか』と語られました」とあっさりしたもんだが、私の耳に
      はひと味ちがって聞こえたのだ。 

       *ところで、「大ずく、小ずく」の意味、分かりますか? たまたまお隣に座ってらした長坂町
         のおじさまに「なんのこんかね、分からん」と言われて、「え〜(間)、ずく? ずくなしとかぁ、
         ずくがあるとかのこんさね」と答えたのは・・・この私(笑)。 
   ーつづきますー

         コメントは下記へメールでお願いします。
                    宛先 mukaiアットマークmidori-network 21.com 
035.gif     
[PR]
by mukai-message | 2011-01-04 22:08 | ○北杜市を追っかけます

ほくと市制施行6周年記念式典 感想文 1/4

      昨年12月初旬に通常通り全戸配布された広報ほくと2010年12月号の内容は、
      市制施行6周年記念式典、「星空の街・あおぞらの街」全国大会の開催、職員の
      給与及び職員数等の公表など。
      私は11月に開催された市制記念式典(市制祭)に出席して少なからぬ感銘を受
      けたので広報の関連頁を開いてみたが、なんとも臨場感に欠ける記事でがっかり…。
      とはいっても、旧8町村が1市になったのだから、市広報の限られた頁内で丁寧
      な報告にまとめるのは至難の業であろうとは容易に察しがつくというもの。

      というわけで、当日臨席した400人余の一人として、私なりに(ふふ〜っ)式典に
      ついて記しておこうかなぁと思い立った(のが既に一ヶ月前だが 汗)。
      すでに感想を発表されている出席者もいらっしゃるかもしれませんので、間の抜
      けた報告となりますこと、何卒ご容赦ください。      ーつづきますー

         コメントは下記へメールでお願いします。
                    宛先 mukaiアットマークmidori-network 21.com 
035.gif              
[PR]
by mukai-message | 2011-01-03 21:12 | ○北杜市を追っかけます

清里・偶然によらない 必然のまちづくりとは…

清里・萌木の村 舩木上次さん講演会「必然のまちづくり」@小淵沢
      
北杜市女連協(女性団体連絡協議会)の活動概念は男女共同参画を基本としていることから、私も2006年12月の第1回講演会「女性専門外来の現場から」以来ほとんど出席している。


      今回の講演は、特に地元の産業に根差すものだったから興味があった。
      1時を過ぎると、ホールの入口受付には続々と参加者が。男性の姿も
      もちらほら見かけたが、テーマに惹かれてのことだろう。
c0041095_21112340.jpg
      「彼はいつもラフなスタイルだから、私も…」と市長もノータイで現れた(笑)。
c0041095_21141816.jpg
      舩木さんのお話は、自然・景観・水という天与の"宝"を持ちながらその自
      覚がない県民・市民に、「その時々のブームに乗らず、ぶれず、誇りを持つ
      べき」とエールを送るもので、失敗体験、人との出会いなど数々のエピソ
      ードに裏打ちされた熱い思いが感じられた。

      かつて「さびれゆく」と評された清里は今や沈滞の一途、最低の氷河期
      にあるそうだ。ご自身も多額の借金を抱えていながら、過去の経緯を
      振り返り、全国の成功事例から学ぼうという姿勢はさすがである!

      このごろ地元出身者による「ちょっといい話」を聞くことが多い。11月
      の市制祭の時もそうだった。そのうちに印象に残る言葉を「ほくと語録」
      として記録してみようかな。
      
      舩木氏については、取りあえずasahi.comのマイタウン 山梨をご覧ください。
      リンク切れの場合は、下欄[MORE]をどうぞ。 

      (注)旧記事は、カテゴリーをまとめながら整理していく予定。コメントはメールでどうぞ。
             宛先 mukaiアットマークmidori-network 21.com 
035.gif              

More asahi.com 記事
[PR]
by mukai-message | 2010-12-11 21:40 | ○北杜市を追っかけます