カテゴリ:☆ここは圏外・ひとやすみ( 24 )

緑 と 東京 と フランスと・・・

c0041095_21392959.jpg
      日頃荒れ果てた(不在地主所有の)雑木林やら、無秩序に伐採されてしまう松林
      (と「売り地」の立て札とか)に胸を痛めている私です。たまに出かける東京で、
      手入れのよい自然な庭園や並木道を歩くのが何よりの歓びとなっています。
      
      昨日かつて勤めたフランスの貿易会社のプチ同窓会のために白金の庭園美術館に
      出かけました。今回は生憎高速バスが1時間遅延したため、開催中の森と芸術展
      も庭園も(私だけが)観賞できなかったのですが、昼食時間には悠々間に合って、
      カフェで延々とおしゃべり三昧。それで、溜まった憂さが晴れた感じ(笑)。

      仲間の一人はパリからお里帰り中。もう一人はジュネーヴ在住の娘家族に勧めら
      れて311以来2回も疎開した猛者であります。ジャポンを外から見つめる視線
      の冷徹なこと……。やはり「知らぬは日本人だけなりき」なのでした。

      なんでもスイス行きの便を確保するには、当時日本から脱出する外国人が多か
      ったため困難を極め、ーー覚えていますか、複数の大使館や外資系企業があわ
      てふためいて閉鎖したり関西などに移ったりしたことを−−ノーマルチケットで
      しか可能ではなかったそうです。

      最近(二ヶ月経過してから、やっと)震災後4日目の3月15日に東京の放射線
      量が異様に高かったことが報道されていますが、国やメディアが健全に機能して
      いる国では周知の事実だったわけです。日頃ツイッターなどで情報をかなり迅速
      かつほぼ正確に得ている私ですので、椅子から転げ落ちるほどのサプライズでは
      ありませんでしたが、なんとな〜く居心地の悪い思いでした……。

      66年の歳月が経ったというのに「戦後」は清算されることなく、政官法産学メ
      +広告代理店の超巨大な壁は・・・誰のため、何のために貢献してきたのかな?

      気勢を上げるお姐様方の毒気に当りすぎないように常に5歩ほど下がって歩いて
      いた、しおたれた私でありました。 緑のプロムナードの報告おわり。
      
[PR]
by mukai-message | 2011-05-19 23:00 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(0)

東京で復活しているという「電車で読書」の理由とは?

c0041095_1985978.jpg
      東京の電車の中の光景です。家人が送ってくれた写真ですが、え、何年前のこと? 
      と感じてしまったのは、乗客がケイタイでなく本を見つめていること。もちろん
      読んでいるはず。
      ふ〜ん、これも節電のためなのかな? と考えたのですが、家人いわく「ケータイ
      じっと見てる姿ってバカに見えると(やっと)気づいたせいかも」(笑)。

      そして、車内にはおきまりの中吊りが・・・
c0041095_191987.jpg

      例によってショッキングな見出し(たぶん事実)ですが、乗客はいたって無関心
      な様子だとか。怖いもの見たくないから、ひたすら本の頁をめくってる、とか? 

      近いうちに自分自身の目で都会の様子を観察できるのが楽しみです。
      何であれ、目に見えるものは恐ろしくないはず……。では、ご機嫌よう!
[PR]
by mukai-message | 2011-05-14 19:38 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(0)

予告! 早春のビデオ上映とお話のイベント「シネマ&トーク」

c0041095_11531213.jpg
(2006年クリスマスイブ)

 私が属している環境グループでは、2001年以来毎年1回「シネマ&トーク」という催しを続けてきました。昨年8月は、環境創造都市北杜市の誕生に寄せて、 環境をテーマ に開催しました が、通例農村文化や農業に関するものを多く手がけています。
 第6回目の今年度は早春の三月に、思い切って眼を外国に向けて「Salud! ハバナ」(35分 監督・撮影・ 編集 井坂泰成/製作協力 NPO法人Our-Planet-TV)を上映することになりました。

More(以下に続きます)
[PR]
by mukai-message | 2006-12-24 18:56 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(0)

コミュ二ティ放送局 FM八ヶ岳に出演します!

(写真はクリックすると拡大します)

 FM八ヶ岳は今年10月に開局したコミュ二ティ放送局です。今日は朝の番組「日替わりオープンカレッジ」の収録のため、小淵沢にあるスタジオに市民活動 緑のネットワーク21 の仲間と三人で出かけました。いや〜、岩切プロデューサーは柔らかい雰囲気でリードして下さったのですが、緊張しちゃって……、どれほど硬くなっていたかというと、カメラを持っていたのに忘れていたほどです、ははは。
 撮る気で出かけて一枚も撮影できず、というのはこのブログ始まって以来の失態なので、しくしく (T_T)

 放送日  12月26日(火)朝7:30〜 火曜日「コミュニティ」
 再放送日  1月2日 (火)夜9:30〜

 *~* 年末年始の忙しい時期ですが、三人で一所懸命おしゃべりしましたので、どうぞ聴いてください。選んだ音楽は、以前DVD「八ヶ岳南麓 緑の小径しらべ」で用いた2曲です。
 FM八ヶ岳は山小屋風のスタジオも可愛らしく、少ないスタッフで頑張っている様子に、私どもとしても共感を覚えました。地域情報いっぱいの放送局 FM八ヶ岳 周波数82.2MHz。応援します!
[PR]
by mukai-message | 2006-12-19 17:59 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(4)

いま話題のブログに、別の名前で出ています

恥ずかしながらゲストとしてデビューしちゃいました。よろしく〜 (^^)/

北杜市アルファブログ "Hokuto In Our Time"  
[PR]
by mukai-message | 2006-11-26 22:41 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(4)

♪八ヶ岳秋麗コンサート ボアヴェールトリオと仲間たち

(画像はクリックすると拡大します)

早春に♪ 雪どけコンサート のお知らせをした、てんたいむす第70回目のコンサートです。今回の演奏者はボアヴェールトリオの他に、女性陣(オーボエに成田恵子とヴィオラに安藤裕子)が加わって実に華やか! 本格的な冬の到来を前に、クラシックを聴いてハートを暖めておくのは如何?

 モーツァルト ピアノ四重奏曲 KV478 と オーボエ 四重奏曲 KV370 
 そして チャイコフスキーのピアノ三重奏曲OP50「偉大な芸術家の思い出」

 
 日時 11月25日(土)17:00開場 17:30開演
 会場 北杜市高根町 八ヶ岳やまびこホール
   主催 北杜市・北杜市高根生涯学習推進会議
   共催 てんたいむすコンサート・八ヶ岳ふれあいコンサート実行委員会ほか

= 問合せ先 高根教育センター 0551-42-1445 てんたいむす事務局 0551-48-3718(前売り券2000円 当日券2500円 高校生以下1000円)=
[PR]
by mukai-message | 2006-11-19 17:04 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(0)

平和を願うドキュメンタリー映画の集い 「蟻の兵隊」

(画像はクリックすると拡大します)
    

香港国際映画祭 人道に関する優秀映画賞受賞
日時 11月18日(土) 午後2時 舞台あいさつ 池谷薫監督
会場 北杜市長坂コミュニティーステーション(JR長坂駅前)
共催 憲法9条映画の会(0553-20-4028) 日中友好協会山梨支部(090-2310-1037) 映画普及運動センター(0553-32-4884)
  〜 当日券 1300円 前売り券 大人1000円 子ども・学生700円取扱中 〜

こちらが 蟻の兵隊 のホームページです。
[PR]
by mukai-message | 2006-11-15 11:26 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(0)

縄文遺産写真展 縄文の夜神楽 秘める太古のイブキ

(写真はクリックすると拡大します)

長坂郷土資料館第16回企画展「縄文の夜神楽」は、10月21日(土)から始まります。

11月11日(土)には <特別講演 土器図像のコスモロジー>、11月25日(土)には <縄文笛コンサート&ギャラリートーク> も開催されます。詳しくは郷土資料館 こちらのサイト をご覧ください。 ご注意! 10/16〜10/20までは準備のため休館です。

会 期  10/21(土)〜12/24(日)
開館時間 9:00〜17:00 (休館 月曜日、11/24)
観覧料  大人200円  子ども 100円
撮影 滋澤雅人(写真家)  滋澤さんのサイト
[PR]
by mukai-message | 2006-10-19 21:03 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(0)

「木 下 晋 鉛 筆 画 展」

c0041095_16454025.jpg


八ヶ岳南麓には、生活圏に小さな美術館やギャラリーが散在しているのが魅力です。
なかでもフィリア美術館は家からほど近くにあり、親しみを抱いています。館内の窓から眺める広々とした牧草地がいかにも小淵沢らしい風景で、いつも見とれてしまいます。

「木 下 晋 鉛 筆 画 展」のご案内です。
絵本「ハルばあちゃんの手」(福音館書店.山中恒:文)原画を中心に 本画「最後の瞽女・小林ハル」シリーズ他の展示。 9Hから9Bの鉛筆で描く白黒の作品です。

会期 9月16日(土)〜10月22日(日)
会場 フィリア美術館
入館料 一般500円     詳細は、こちらのサイト をご覧ください。
___________________________________________

フィリア美術館には、ケーテ・コルヴィッツの常設展示があります。
遠方ですが、新潟県立近代美術館では、10月23日(日)まで彼女の 回顧展 が開催中。このサイトを見ていると、年の初めに ケーテ・コルヴィッツの言葉 をじっと見つめたことを思い出します。来年のカレンダーが目につくこの頃ですが、平和にとってどのような新年となるのでしょうか。
[PR]
by mukai-message | 2006-10-12 17:09 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(2)

HDD整備中です

愛用しているデスクトップのHDDに不具合が生じたため整備中です。

お見苦しい点がありましたらご容赦ください。
[PR]
by mukai-message | 2006-09-09 16:47 | ☆ここは圏外・ひとやすみ | Comments(2)