<   2005年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

3.27 早春のオオムラサキの里を歩く (4)

ギョ!行程半ば、林の入口に突如出現した道路工事。側溝埋設完了。コンクリート舗装直前。どう見ても私費でつくる私道ではない。いかにもおクルマ様専用で半端じゃない道路だ。
    
c0041095_715871.jpgこの自然観察歩道には30年近い歴史がある。当初は長坂から日野春まで土の道が続いていたという。全行程が全ての生き物にやさしい自然の小径だったのだ。しかし、それは地元では「どーってことない当たり前」のことで、特に高く評価されもしなかったのではないか。そうでなければ、それ以来この道が歩んで来た語るも涙。。。の物語は存在しなかったろう。

More(つづきはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2005-03-31 07:01 | ▷ほくと景観まちづくり

3.27 早春のオオムラサキの里を歩く (3)

「オオムラサキ自然観察歩道」は遊歩百選(☆)認定コースです。(写真はクリックすると拡大します。)



☆読売新聞大阪発刊50周年記念事業。冊子巻末には選考経過の説明がある。『全国3246すべての市町村に「遊歩にふさわしい地域」の推薦を依頼し、何度も選考会、小委員会を重ねた後に応募804エリアから200ヶ所の候補地が選ばれた。2002年7月、選考委員によって絞り込まれた100カ所が「遊歩百選」と認定された』(要旨)

More(つづきはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2005-03-30 11:21 | ▷ほくと景観まちづくり

北杜市議会定例会3/28の一般質問

ある親切な方からの情報提供により、この一覧表がアップできました。昨日の分は間に合いませんでしたが、次回は早めに知らせてくださるとのこと。キーボード操作をさらに向上して、一分でも早くアップするよう努力したい!
どの議員がどのような質問をしているのか、投票した議員はどうなのかを自分でチェックする。有権者にとって選挙後のフォローは欠かせないと思います。以下、一覧表。

More(つづきはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2005-03-29 09:15 | ▷市民・議会・地方自治

速報!北杜市議会定例会 3/29の一般質問 

本日午前10時から始まります! 時間のある方はお出かけください。CATVでも放映されます。
以下、一覧表。

More(つづきはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2005-03-29 08:24 | ▷市民・議会・地方自治

3.27 早春のオオムラサキの里を歩く (2)

足を止めて周囲を見回したくなるのはこの辺り。ほっと心安らぐのは、土の道が続く昔ながらの風景だからか……。最近「遊歩道整備事業」と聞くとゾッとするのは、自然をいじりまわすだけでなく、人工的な擬木柵を用いたり、土地の植生を無視した植栽がされるから。あれって一体誰のセンスなんでしょうね?

 (写真はクリックすると拡大します。)

地域独特の自然景観を活かし、人と生き物に配慮した道や小径が生活圏にあれば、休日にはもっと多くの人が車を置いて歩くようになると思う。ついでに、車を置く駐車場についても一言。コンクリート敷きでなく、緑化ブロックやウッドチップを用いる工法をもっと取り入れてほしい。
[PR]
by mukai-message | 2005-03-29 07:34 | ▷ほくと景観まちづくり

3.27 早春のオオムラサキの里を歩く

山々が霞んでいる。大好きな季節、早春だ。
風が止んだ穏やかな日曜日、私が所属する環境グループが主催して、甲府からの一般参加者と一緒に久しぶりに地元の自然遊歩道を歩いた。日野春から歩き始めて長坂へと向かう。三年前、初めて歩いた時は逆コースだった。シュンラン、ダンコウバイなどの植物に見とれながらの里山歩きが、途中から煙たなびく産廃処分場※めぐりと化してしまうのにヘキエキしたため、それを避けるコースを設定したつもりだった。

 (写真はクリックすると拡大します)

※処分場そのものへの批判ではなく、なぜわざわざ「遊歩道」の途中に建設されたのかを問うているのです。念のため。
[PR]
by mukai-message | 2005-03-28 12:52 | ▷ほくと景観まちづくり

ザゼンソウに想う

塩山はザゼンソウの群生地としても知られている。木洩日の下、幅1mほどの木道を歩きながらゆっくり観賞できる。山奥の湿地帯のあちこちに咲くザゼンソウは無心だが…。訪れる人々目当てに無心ではいられない土産物売りが出迎えてくれるので「ああ、ここもそうなのか!」と興が醒めてしまう。
かつては山の中だったろう場所に作られたごっつい駐車場。そこから拡幅された舗装道路が、ギラギラとした日を浴びたコンクリートブロック壁沿いに山奥へと誘ってくれる。まるでザゼンソウとは結びつかない雰囲気なのだ。

c0041095_12191422.jpgc0041095_1454091.jpg







*~* 地域にふさわしい景観づくりって? もっとお洒落な商売のやり方がないものか。観光地が抱える課題はたくさんあると思いませんか。
[PR]
by mukai-message | 2005-03-28 12:41 | ▷ほくと景観まちづくり

塩山へ遠足 (2)

桃の節句と言えば3月3日と思い込んでいたが、地域によって4月3日に雛祭りを祝う風習があるという。塩山もそうで、雛飾りが4月18日まで甘草屋敷を中心に数カ所で公開されている。
古くは中国から伝わったこの行事、日本古来の風習(お祓いをした簡素な人形を水に流す)と結びついて「流し雛」が生れたことが祭りの起こりという。ボランティア観光ガイドをしている元クラスメートが熱心に解説してくれた。

c0041095_7315447.jpgc0041095_7321321.jpg









江戸時代から「甘草屋敷」とよばれる重要文化財旧高野家住宅。明治初期には養蚕で繁栄した。甲州を代表する民家。
      
「なつかしい……。昔は近所にこういう家がたくさんあった」と塩山の一人がつぶやいた。

More(つづきはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2005-03-27 07:32 | ○放 射 能 汚 染

塩山へ遠足

早起きして、数年前のクラスメート(県短※での男女共同参画アドバイザー養成講座)たちと塩山に集合した。峡北でも塩山でも甲府でも、どこでも平等に強風が吹きすさぶ寒い一日だったが、名所旧跡をあちこちまわって楽しく過ごした。週末だから、BLOGやゴミのことなんぞすっかり忘れていたかったのだが、元クラスメート(皆アドバイザー)の多くが町村合併を止めにしたか後にしたか前にしているという状態だから、どうしても話はそのへんをうろつきがちだった。

c0041095_220592.jpg
※県立女子短期大学。今年4月から県立看護大学と統合し、県立大学として新しく開学する。
[PR]
by mukai-message | 2005-03-26 22:05 | ▷男女共同参画 2005-06

これを書かずには済まされない田舎暮し

都会からのほほんと引っ越ししてくる新規転入者(わかりやすくは新住民)にとって、最初に出くわすのがゴミ捨て場の問題です。ない、ない、捨て場が見当たらない。でも、ゴミの収集って自治体が税金でする仕事じゃないの? そう思って役場に聞きに行くと・・・、カ、カ、カルチャーショック!その瞬間から、雑誌で知った薔薇色のカントリーライフの夢は冷や水をぶっかけられたように醒めていくのです。
c0041095_1559055.jpg

More(つづきはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2005-03-25 16:06 | ○放 射 能 汚 染