<   2006年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

灰溶融炉って何? 富士見町で開かれるごみ問題についての講演会

 休 戸(やすみど)に で き る 最 新 の 灰 溶 融 炉
   そ れ って な ん だ ろ う ? 専 門 家 の 話 し を 聞 い て み よ う !

環境問題には国境も県境もありません。
長野県富士見町休戸地区に、茅野市・富士見町・原村のゴミの焼却灰を1200°C以上の高温で溶融する施設が建設される予定です。休戸は釜無川にほど近い、北杜市白州町に隣接する地区。白州町の住民だけでなく、明野問題を抱えた北杜市民にとっても他人事で済ませられるでしょうか。

日時 2月11日(土)14時〜
会場 富士見町コミュ二ティープラザ2階  参 加 費 無 料
講師 関口鉄夫(せきぐちてつお)さん

<主催 灰溶融炉施設を考える会/共催 環境会議・諏訪/協力 富士見住民自治愛好会>
連絡先 電話 0266-62-6122
__________________________________________
講師関口鉄夫さんについて(財)日本農村医学研究所客員研究員を経て、現在長野大学非常勤講師。専門は産廃科学、疫学。2005年3月まで長野県産廃処理施設検討委員会委員。
山梨県旧明野村でも県廃棄物最終処分場に関する講演会開催、2003年3月まで(明野)廃棄物最終処分場問題検討委員会委員。

最終処分場リンク集「山梨評論」 最終行に「明野村廃棄物最終処分場問題検討委員会」記録の一部  → 委員会の議事録が掲載されています
「山梨評論」参考記事「直言」全国に誇る 「山梨原則」 確立のために 椎名慎太郎(山梨学院大学法学部教授、山梨県考古学協会副会長)

下記の北杜市ブロガー達の記事もご覧ください!
「白州町にダイオキシンの雨が降る!?」   ・「隣の芝生は青くなかった」
[PR]
by mukai-message | 2006-01-31 16:08 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(10)

自然が好きで訪れる人へ 「捨てないでゴミ!」

(写真はクリックすると拡大します)
    
左の写真は雑木林の中の小径である。カーブしているため先が見えにくい感じが好きなのだがーーここを好むのは私だけではないらしい。今朝、見覚えのない立て札を見つけた。「あ、しばらく前からゴミが目立つようになっていたな」と考えながらさらに進むとーー!!

More(見つけたものはこちら)
[PR]
by mukai-message | 2006-01-30 14:53 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)

冬の森を歩けば 見上げたくなる大木

(写真はクリックすると拡大します)
   
思い切り「見上げる」という動作は健康に良いです。頭上一面に広がる青空を見つめると、背筋が伸びて、気分も爽快! 左はミズナラ、右は白樺です。

_________________________________________
ミズナラ(水楢 別名 オオナラ) ブナ科 コナラ属  Quercus mongolica var. grosseserrata
シラカバ(白樺 別名 シラカンバ) カバノキ科 カバノキ属  Betula platyphylla var. japonica
[PR]
by mukai-message | 2006-01-29 11:44 | ○里山を守る・壊す | Comments(3)

東京都への抗議 3日で1808筆もの賛同署名が集まった!

詳細は サイト「東京都に抗議する」 をご覧下さい。

みどりの一期一会 でもレポートされています。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-28 16:09 | ▷男女共同参画 2005-06 | Comments(2)

1月は道祖神にもの想うころ

(写真はクリックすると拡大します)
    

山梨では、どこの地域でも古色蒼然とした石碑、石造物、道祖神をよく見かける。民間信仰からは庶民の暮しぶりが窺えるので、興味深い。この道祖神は近くのバス停の横にあるものだが、小正月の頃には繭玉が飾られて華やぐ。一月は、地域の人々が守り伝えて来た風習について考えてみたくなる季節である。ところで、道祖神はしばしば男女神さんであることを知っていましたか。
  参考サイト 山梨の道祖神とどんど焼き行事  

先日のこと、道祖神の前で「そう言えば、去年の今頃このブログを始めたんだっけ」と気づいた。早いものですね。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-28 11:35 | ○里山を守る・壊す | Comments(3)

冬の庭 暖かく誘うナツツバキの実

  (写真はクリックすると拡大します)

ナツツバキは山地に生える落葉高木だが、庭木としても人気がある。

清楚な白い花は、梅雨のころ、繁る葉の陰にひっそりと咲く。ある日、樹下に散った一輪で初めて気づいたりする。なんとなく古風な女性を思わせ、この花を愛する文人が多いのも頷ける……。花の形はツバキに似ているが、別属。また、インド原産のフタバガキ科「沙羅樹」と混同されているが、まったく別の植物という。果実は「さく果」で、先がとがって丸い。熟すと5つに裂ける。

午後の庭先で、淡い陽射しを受けた実に目が止まった。右手に細く尖って見えるのが冬芽。春はまだまだ遠いのだ。
_________________________________________
ナツツバキ(夏椿 別名 シャラノキ 沙羅の木) ツバキ科 ナツツバキ属  Stewartia pseudo-camellia
[PR]
by mukai-message | 2006-01-27 14:18 | ○里山を守る・壊す | Comments(2)

「ジェンダーフリーをめぐって」上野千鶴子(信濃毎日新聞・熊本日日新聞1/23付記事) 

c0041095_16164743.jpg
「ゆきすぎた『ジェンダーフリー・バッシング』には徹底的に反論しなくてはならない」と述べる上野千鶴子氏に私も賛成します。このバッシング(いじめ)が「男女共同参画」への無理解と偏見に基づくものだからです。
当ブログの記述 にも本日その種のトラックバックが来ていますが、物事をきちんと理解した上で立場の違いを確認し合い、冷静に話し合ってこそコミュニケーションになるのにね。
  
 下欄の信濃毎日新聞・熊本日日新聞記事は みどりの一期一会 から引用しました。

新聞記事の引用はこちら)
[PR]
by mukai-message | 2006-01-26 15:55 | ▷男女共同参画 2005-06 | Comments(1)

ところで北杜市の男女共同参画はどうなってる?

  (写真はクリックすると拡大します)

「男女共同参画」というのは、普通の事業と異なり「プラン」をコンサル会社に丸投げして作成なぞできない、非常に珍しい分野だってこと知ってますか。
な〜ぜって? 「男女」とは全ての地域住民のこと。自分の進路を、将来を、誰かに丸投げできないのと同じで、住民自体が10年先を見据え、考え、作ろうとしなければただのお飾りになっちゃって、税金の無駄遣いだからですよ。自分達が共感できないものを地域の中で実際に推進するのは難しいーーそう痛感した旧町村時代の委員は決して少なくはないはずですよね、ね。

◇市男女共同参画プラン、策定間近!
昨年4月に策定委員会が立ち上がって以来、黙々と作業にいそしんで来た委員たち。途中から小渕沢町も加わって旧8町村プランのすり合わせ作業に入り 〜 三部会に分かれて各々の話し合いが行われ 〜 そうこうするうちに季節は次々とうつろい 〜 時間ばかりが経って、行政の担当者達やコンサル氏が悶々としていたような気配はありましたが、やっと明日、いよいよ「プランの名称」決定! の瞬間を迎えます(涙)。
委員各自が自分の頭で「名称」をひねり出して持ち寄り、結果は投票で決めるとのこと。こんなやり方自体、行政の事業としては実ぅに稀なのです。ネーミングそのものよりも、その決定プロセスに意義があることを、声を大にして言いたい!

◇市男女共同参画条例まで作るって・・・
先進的な小渕沢と高根の二町ですでに条例があった、という実績の重みを感じながら、ただ今条例部会で頭ひねってますぅ。行政担当者もたじたじとなるほどの熱意で取組んでいますとも。「つくれ、つくれ」とハッパかけた(らしき)市長さん、乞うご期待!

ところで、その市長さんが明日、委員達との「対話」のためにご来臨です。「ふっふっふ、う〜んととっちめてやるからな」なんて思っている委員はほとんどいません。一人くらいはいるかも、ですが……。しかし、この委員会が「公開制」でないのは残念です。市長とお話できる歓びはできるだけ多くの市民と分かち合いたいですからね。

*~* 私としては、次期の推進委員会委員選定にはぜひ公募を実施し、重要な案件には委員会を公開し、かつ今後のあらゆる条例制定には時間を十分に取って「市民意見制度(パブリック・コメント)」を導入してほしいもの、と強く願っております、はい。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-25 17:56 | ▷男女共同参画 2005-06 | Comments(2)

緊急! 「東京都っておかしい」と思ったら署名を送ろう

  窓辺の赤唐辛子 (写真はクリックすると拡大します) 

国分寺市の市民が企画した「人権に関する講座」へ上野千鶴子さん(東京大学大学院教授)を講師として起用する案が拒否されていたことをご存知でしたか。1月10日付毎日新聞記事によれば、これは都の委託で計画していた人権学習の講座で、都教育庁が「ジェンダー・フリーに対する都の見解に合わない」と委託を拒否したものという。

上野千鶴子さんは、著書の中でもむしろ「ジェンダー・フリー」という用語を用いることを避けている学者です。新聞報道その他を読んでも、都教育庁の判断が正当な根拠のあるものとは思えないため、私は、これもまた「男女共同参画」への無理解によるバッシングの流れの一つかと感じています。さらに一市民として、都による市民の企画への介入という点も見逃せません。

この件の詳細な情報および 賛同表明(署名)送信フォーム は こちらのサイト に載っています。(ブログを運営している方はリンクをご検討ください! とのこと)

署名の受付締め切りは1月26日(木)正午とのこと。遠くで起きている何事も、「おかしい」と感じるその気持ちをできるだけ多くの市民に伝えませんか。インターネットはこういう時のためのツールなのですから。
[PR]
by mukai-message | 2006-01-24 11:40 | ▷男女共同参画 2005-06 | Comments(4)

北杜の処分場を考える集まりが開かれます

「明野の処分場問題は北杜市全体の課題」と考えている方への案内です。

日時  1月27日(金)午後7:30〜9:30  
場所  北杜市明野総合会館会議室
主催  明野の環境を考える会   問合せ 0551-25-4008(山本さん)

「明野の処分場問題は、安全な暮らしのこと、自然や文化財保護のこと、無害化しないゴミや借金のツケを未来に負わせないこと、利権から脱すべき行政運営のことなど、山梨県や北杜市のあらゆる行政課題に結びついています」と主催者は訴えています。

   関連記述1.      関連記述2.

More(『明野の環境を考える会』の紹介はこちら)
[PR]
by mukai-message | 2006-01-23 15:09 | ○放 射 能 汚 染 | Comments(2)