<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「山梨再生 五輪までに」 新山梨県政に寄せる県民の声

 2月18日午前9時、雪が降りしきる中、後藤斎新知事が初登庁し、就任の訓示で県政運営の基本方針5項目を提示した。リニア中央新幹線が開業する27年までに人口90万人、その後の転入などによる社会増で100万人の目標を掲げている。
                              (山梨日日新聞2/18一面記事抜粋)


  ⭐️以下は、県知事選に寄せて新年1月に山梨日日新聞一面の紙面を飾った「私の見方」です。移住者など”外の視線”を併せ持つ県民を中心に、山梨の現状、求める政策や知事像などが語られています。


[私の見方 1]「山梨の魅力は、なんといっても豊かな自然。私は太陽熱を生かした自然素材の家をつくりたいと思い、日本一日照時間が長い山梨に来た」と述べる名取さん。
c0041095_2042665.jpg


[私の見方 2]「自然環境を守り、山梨らしさを大事にしてほしい。頑張ろうとする若者が、企業に挑戦しやすい環境をつくってほしい。東京や日本全体と同じ路線でなくてもいい。日本中が同じ方向を向くとどうしても埋没するところが出てくる。地域のあり方は多様でいい」と語る鞍内さん。 
c0041095_20421299.jpg


[私の見方 3] 「目標は農作物を地元で消費するローカルビジネスモデルの確立。地元雇用も生まれる。仕事だけが人生じゃない。仕事と娯楽ばかりの都会とは違い、山梨は人生を楽しめる場所。雇用の場をつくろうという若い人の動きをサポートしてほしい」と語る水上さん。
c0041095_20421781.jpg


[私の見方 4] 「山梨の課題。県庁職員と民間の人的交流を促進し、どんな環境変化にも耐えられる人材を育成し、健康資源や自然の豊かさをフル活用する県政を目指してほしい。県政に望むこと。リニア中央新幹線や中部横断自動車道など交通インフラの整備にめどがつき山梨に追い風が吹いている。新知事には従来とは比較にならない大きなミッションが課せられていると思ってほしい」と語る萩原さん。    
c0041095_20422514.jpg



それぞれの視点から語られた「意見」、いかがでしたか。
ここで気になるのは、ほとんどの方が「山梨の自然の豊かさ」を強調しているにしては、進行中の大開発プロジェクト「リニア中央新幹線」や「中部横断自動車道」についての問題点をスルーしていることです。

後藤知事と新県政へ寄せるあなたの意見はいかがですか?

[PR]
by mukai-message | 2015-02-18 20:43 | 山はあっても 山梨県・・

山梨県知事選結果 および 第3回 リニア沿線住民懇話会のご案内

            新知事に後藤氏   投票率 過去最低の41.86%

任期満了に伴う山梨県知事園が1月25日に投開票されました。
新知事には、元民主党衆院議員で無所属新人の後藤斎(ひとし)氏(57歳)=自民、民主、公明推薦=が21万6493票を獲得し、共産党公認、党県委員長の花田仁および無所属林祥三氏を破り初当選しました。
投票率は、前回の42.29%を0.44ポイント下回り、過去最低となりました。
後藤氏は自民党の独自候補擁立失敗などを受け、主要政党が相乗りする「オール与党体制」を構築。「県人口100 万人が目指せる県土づくり」などを掲げ、人口減少やリニア中央新幹線への対応などの課題に当たる。 (1月26日 山梨日日新聞一面トップ記事より)
     ⭐️当ブログ記事末尾に、同新聞1月22日の県知事選関連記事を載せておきます。

さて、標記のご案内は以下の通りです。
 
           沿線住民のみなさま、リニアに関心のあるみなさま

リニア沿線住民懇話会事務局より  第3回リニア沿線住民懇話会のご案内 
 ??日時  2月8日(日)午後1時半~5時の予定
 ??場所  甲西農村環境改善センター(鮎沢1234-1 電話055-282-7359)2階会議室
 今回は、具体的な行動提案を行いますので、是非お誘い合わせてご参加ください。  
                                                                                                
           _____________________________

山梨日日新聞1月22日1面「'15県知事選 県政課題現場から 3」

c0041095_15572026.jpg

[PR]
by mukai-message | 2015-02-07 15:41 |  ●リニア中央新幹線