<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

信濃毎日新聞記事「茅野の太陽光パネル 和解」 反対住民と業者 植栽など条件に

  
長野県にお住まいの方から頂いた3月14日(土)付新聞記事です。
農地を転用した敷地に設置された太陽光パネル。住民ら10人が地裁諏訪支部に仮処分を申し立てたもの。

c0041095_9504639.jpg


 和解文書に「事業地内のメンテナンスには除草剤や農薬を使用しないこと、および井戸水の定期的な水質調査」が盛り込まれたことも成果の一つであり、地域を守ろうという住民たちの熱意が伝わってきます。

[PR]
by mukai-message | 2015-03-16 09:43 |  ●太陽光発電の諸問題 | Comments(0)

八ヶ岳南麓に 太陽光パネルの乱開発が拡大中!

 八ヶ岳をしばらく見ていない、登っていないという方、または、今冬は一度も出かけなかったという別荘の方は、この冬ですっかり変わってしまった「景観」に遭遇して仰天! かもしれません......。借景だった雑木林が皆伐され、その跡地に無機質な太陽光パネルがずらりと並ぶと同時に新しい電柱や電線が増加しています。
 問題は、自然と景観の破壊だけではありません。森林が大規模に伐採されると、保水力が失われて土砂災害の原因ともなり、地域の水利用(湧水や農業用水、生活環境など)への影響も心配されています。

  山梨県は、「自治体に『条例化』を要請(ホームページ上で表明)」しており、すでに19の自治体でその方向に動き始めています。八ヶ岳の麓の北杜市では、今月17日(火)の第1回市議会定例会において7人のうち3人の議員が「太陽光発電設備」に関連して、代表質問に立つ予定です。(登壇順に、市民フォーラム 野中真理子議員、公明党 小尾直知議員、日本共産党 中村隆一議員)。

  また、市民たちも動いています。地域の「太陽光発電を考える市民ネットワーク」が、「太陽光発電そのものを否定している訳では無く、そこにルールを設けるべきとお願いしたい」という趣旨で、「景観計画」・「景観条例」の改正を求める署名活動をスタートしました。
  以下がマップ(現在も設置場所は増加中)と北杜市長宛の要請書(署名欄付き)です。「市、県内外を問わず、お知り合いの方にもご紹介頂き、署名用紙を所定の私書箱宛郵送して頂ければ幸いです」とのメッセージが寄せられています。

c0041095_19561367.jpg


c0041095_20173179.jpg

[PR]
by mukai-message | 2015-03-13 19:50 |  ●太陽光発電の諸問題 | Comments(3)